NEWS ANA

第05‐081号
2005年5月26日

今年で50年、「しあわせの花 すずらん」をお届けします!
〜 丹念に作成した『押し花』のしおりに「すずらんの(うた)」を添えて 〜

 ANAグループでは、来る6月14日(火)、ANAグループの客室乗務員や各地の地上スタッフが、全国33地区の赤十字病院をはじめとした52ヶ所の病院に入院されている患者の皆様に北海道の「すずらん」を『押し花』のしおりにして、お届けにまいります。

 これは、入院されている方の1日も早いご回復と病院関係者の慰労を兼ね、昭和31年から続けているANAグループの社会貢献活動であり、「しあわせ」・「幸福の訪れ」・「しあわせの再来」などの花言葉を持つ白く可憐な花「すずらん」は、患者の皆様方から「北海道からの心を癒す贈り物」と毎年ご好評をいただいております。

 記念すべき50回目となる今年は、「しあわせの花 すずらん」が永遠(とわ)に咲き続けるよう、日本レミコ押し花学院(本部:東京都新宿区上落合1-9-11 学院長 近藤レミ子)の協力のもと、ANAグループの社員がひとつひとつ丹念に作成した『押し花』のしおりに この社会貢献活動にご共感いただいたアーチストが書きおろした「すずらんの詩」も添えてプレゼントさせていただきます。

『しあわせの贈り物 すずらん』の行事内容は下記のとおりとなっております。
1.

贈呈式:6月14日(火)
(1)東京 15:00 日本赤十字社医療センター(渋谷区広尾4-1-22) 2階 講堂にて
(2)各地 全国48ヶ所の病院(詳細は各地のANA支店にお問合せ下さい)

2.空輸空港:
  (30空港)
秋田、庄内、仙台、福島、成田、羽田、新潟、富山、小松、名古屋、伊丹、関西、岡山、広島、山口宇部、鳥取、米子、萩・石見、高松、松山、徳島、高知、福岡、佐賀、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄。
 
 今後とも、ANAグループは、行動指針「社会と共に歩み続けます」に則り、企業の社会的責任として社会貢献活動を積極的に実践してまいります。
 
 
 
 以上
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
今年で50年、「しあわせの花 すずらん」をお届けします!