NEWS ANA

第05‐140号
2005年9月30日

ANA国内線12月・1月ご搭乗ダイヤを申請
〜羽田空港発着の札幌(新千歳)・福岡・沖縄・岡山・広島・高松線を増便いたします〜
〜1月より鳥取空港に航空機を夜間駐機、利便性を重視したダイヤ設定が可能に〜
〜1月より秋田発の東京(羽田)行き初便を早発いたします〜

 
 ANAでは、2005年12月1日(木)〜2006年1月31日(火)の国内線ご搭乗ダイヤを国土交通省に申請致しました。
 12月から羽田発着6路線(札幌・福岡・沖縄・岡山・広島・高松)、1月からは2路線(札幌・沖縄)を増便いたします。また1月からは、鳥取空港において航空機の夜間駐機を実施すると共に、秋田空港から羽田空港行き初便を早発いたします。これにより東京での滞在時間が延長、ご出張やご旅行が大変便利になります。
 ANAでは、引き続き皆様に便利にお使いいただける国内線ネットワークの拡充に努めてまいります。これからもANA国内線ネットワークをぜひご利用ください。
 
 
1.羽田=札幌(新千歳)線を増便し、最大26往復とします
 
2.羽田=福岡線を増便し、毎日18往復とします
 
3.羽田=沖縄線を増便し、最大10.5往復とします
 
4.羽田=岡山線を増便し、毎日6往復とします
 
5.羽田=広島線を増便し、毎日9往復とします
 
6.羽田=高松線を増便し、毎日6往復とします
 
7.羽田=鳥取線をナイトステイダイヤで運航いたします
 
2006年1月1日より、鳥取空港で羽田線に使用する航空機の夜間駐機を行ないます。これにより、鳥取発初便の早発が可能となり、東京での日帰り滞在時間が拡大、ますます便利にお使いいただけるようになります。
 
  8.秋田からの東京(羽田)行き初便を早発いたします
 
2006年1月1日より、秋田空港からの東京(羽田)行き初便を早発いたします。これまで以上に日帰りでのご出張・ご旅行に便利にお使いいただけることとなります。 
 
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
ANA国内線12月・1月ご搭乗ダイヤを申請