NEWS ANA

第05‐153号
2005年10月31日

平成18年3月期 中間決算について

 ANAグループでは、本日10月31日(月)、平成18年3月期中間決算の連結業績の概況を取りまとめました。詳細につきましては、別添の「中間決算短信(連結)」ならびに「個別中間財務諸表の概要」をご参照ください。
 
 
<連結中間決算>
 
 
 
1.概況
今年度上期の国内線は、2004年12月1日にリニューアルした羽田空港の新ターミナル効果や愛知万博(2005年3月25日〜9月25日開催)の影響を受け、旅客数は順調に推移致しました。国際線についても、ビジネス需要を中心に堅調に推移致しました。引き続き原油価格が高騰する中でも、着実な費用削減に努め、売上高・営業利益・経常利益は、過去最高を記録いたしました。一方、今中間期より、減損会計を適用していることから、当期利益については前年を下回る結果となりました。

2.国内線事業 
国内線旅客は、羽田空港新ターミナルで展開した各種新サービスの浸透による「新ターミナル効果」および中部発着路線の「愛・地球博」効果などを中心に旅客数は順調に推移いたしました。加えてスーパーシートプレミアムや地上交通機関との提携などによるサービス面の充実や利便性の向上などによる差別化戦略が奏効し、生産量(座席キロ)対前年同期比99.9%に対し、旅客数は対前年同期比103.2%となり、168億円の増収となりました。


3.国際線事業 
国際線旅客は、ビジネスクラスの増席や機内サービスの拡充に努めた結果、北米路線を中心に堅調に推移しました。中国路線では、ビジネス渡航が順調に推移したものの、反日デモの影響で観光需要が一部影響を受けました。その結果、国際線全体の旅客数は対前年同期比98.8%となりましたが、旅客単価の向上により47億円の増収となりました。

4.貨物事業
国内・国際線ともに航空貨物輸送量は前年を上回り、また中国線の貨物専用便などが牽引し、国内線で1億円、国際線で29億円の増収となりました。

5.通期の見通し
引き続く原油価格の高騰に全社をあげてコストの抑制に努めているものの、費用面では原油価格の高騰が与える影響(2004年度実績比 約285億円増)が今後の収益を圧迫する最大の要因となることから、現在のところ今年4月28日に発表しました業績予想の変更は予定しておりません。

6.その他
下半期の米ドル円為替レートは110円、航空燃油費の指標でありますドバイ原油の下半期の市場価格については1バレル当たり50米ドル、シンガポール・ケロシンでは1バレル当たり70米ドルを前提としております。

 
 
 
 以上
 
(別添資料)
平成18年3月期 中間決算短信(連結) / 個別中間財務諸表の概要
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
平成18年3月期 中間決算について