2006年3月15日
ANA・アシアナ航空
共同リリース

ANAとアシアナ航空の貨物便コードシェア開始

〜 日韓間の全貨物便をコードシェアへ!週18便へ拡大します!! 〜

 ANA(本社:東京、代表取締役社長:山元やまもと 峯生みねお)とアシアナ航空(本社:ソウル、社長:かん 柱安じゅあん)は、すでに実施しております旅客便コードシェアに加え、日本=韓国間にて両社で運航を実施しております貨物便についてもコードシェアの対象を拡大することで合意いたしました。日本と韓国の企業間での貨物コードシェアは、はじめてとなります。

 ANAは、2006年4月1日(土)(予定)よりアシアナ航空の貨物専用機にて運航されております、大阪(関西)−ソウル、名古屋−ソウル、仙台−ソウルを結ぶ週8便にANAの便名(NH)を付与いたします。また、アシアナ航空も同日(予定)より、ANAの貨物便にて運航されております、成田−ソウル、大阪(関西)−ソウル、名古屋−ソウルを結ぶ週10便について、アシアナ航空の便名(OZ)を付与いたします。(路線・ダイヤについては、現在政府認可申請中)

 ANAは、2月14日(火)に3号機目となる貨物専用機(B767F型機)の運航を開始致しました。また、今年中に4号機目の運航も予定するなど、今後も航空貨物事業へ力を注いで参ります。また、アシアナ航空も2月24日に導入されました最新鋭貨物機ジャンボフレイター(B747−400F)を合わせ、全9機体制にてグローバル貨物ネットワークの拡大をさらに加速しております。世界でも有数の貨物輸送実績を誇り、航空貨物事業を積極的に展開しております両社の提携により、今後ますます成長が見込まれる日韓間の貨物需要に対し、さらにより良いサービスを提供してまいります。

 ANAとアシアナ航空は、旅客便、貨物便の双方で、皆様のリクエストに対し、ますますスピーディーかつタイムリーにお応えしてまいります。今後もどうぞご期待ください。
以上
 
 
 
(別添)
コードシェア便 スケジュール表(予定)
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
ANAとアシアナ航空の貨物便コードシェア開始