ANA・ノリタケカンパニーリミテド
共同リリース
 
2006年8月2日

ANAとノリタケが、国際線の食器を共同企画
〜 11月1日より、ノリタケ製食器をエコノミークラスで使用します 〜
(11月1日より、欧米線エコノミークラス1食目のトレーが大きくなります) 
〜 9月1日より、中国線・アジア線ビジネスクラスの食事をリニューアルします 〜

 ANA(本社:東京都港区、代表取締役社長:山元峯生)とノリタケカンパニーリミテド(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:赤羽昇、以下ノリタケという)は、共同でエコノミークラスの食器を企画し、2006年11月1日(水)より、ANAの国際線全路線のエコノミークラスで使用致します。
 また、9月より、中国線およびアジア線のビジネスクラスの食事をリニューアルします。

 
1.食材がより引き立つ、エコノミークラスの新しい機内食器
 ANAとノリタケは、2005年秋から共同企画に着手し、約1年をかけ、素材・色・形を練り上げて新しい食器を完成させました。
 
〜 凛とした、スマートな新食器 〜
 エコノミークラス機内食は、味にこだわるだけでなく、見た目の美味しさも追求。
 新食器は、食材がより引き立つアイボリーホワイトの色調に、シンプルなレリーフを施し、落ち着いたカラーリングのトレーとのコントラストも爽やかに、一つひとつの料理が美しく映えるデザインにしました。

 また、食器そのものの質感や触感、サイズにもこだわりました。
 樹脂製ながら、ノリタケの陶磁器を感じさせる質感や触感、手になじむデザイン、ゆとりをもったサイズの食器で、お食事を楽しんでいただけます。
 また、仕切りのある器を採用したことで、トレー上のレイアウトバリエーションを画期的に向上させることができ、料理の組み合わせに拡がりをもたせることができました。
 
〜 ANAならではの味わい、欧米線のエコノミークラスがさらに充実 〜
 また、ANAでは、2006年11月1日(水)より、欧米線エコノミークラス機内食は、1食目※ のトレー(お盆)を2/3トレー(縦26cm×横26cm)からフルサイズトレー(縦26cm×横38cm)に変更します。
 欧米線をご利用になるエコノミークラスのお客様に、テーブルいっぱいに広がる大きく使いやすいトレーで、ゆったり食事をお楽しみいただけます。
  欧米線2食目は1/2トレーから2/3トレーになります
  短距離路線は従来どおり2/3トレー
 

 これまでよりも2品目増え(上記右写真では「そば」「オリーブ」)、十分なボリュームにしました。デザートには人気のハーゲンダッツのアイスクリームをご用意。最後までご満足いただける充実のメニューです。
 
2.中国線・アジア線ビジネスクラスの食事をリニューアル
 
〜 お食事の時間をより大切に、余裕あるひとときを 〜
 中国線全路線で、お客様のお好みに応じて、シャンパン、ワイン、日本酒などの各種食前酒とおつまみをご用意致します。
 まずは、食事前のひとときをゆっくりお楽しみいただきます。  
※中国線の一部路線・日本発アジア線(バンコク、シンガポール、ホーチミンシティ)では現在も実施。

 さらにアジア線では、これまで一度にサーブしていた前菜とメインディッシュを、それぞれをゆっくりご賞味いただくために、別々にご提供。くつろぎながらゆっくり食事をお楽しみいただけます。
 また、和食には「豆腐のうに漬け」などの珍味、洋食には「フランス産エシレバター」「イタリア産バルサミコオリーブオイル」などを添えており、お食事、食中酒がすすみます。
   

デザートは、「チーズ/ブレッド」「ケーキ/フルーツ」の2種類をご用意しております。
 
今後も、ますます快適になるANAの国際線にどうぞご期待下さい。

*写真はイメージであり、一部実際の食事と異なることがあります。


連絡先 :  ANA  広報室  03-6735-1111
  ノリタケカンパニーリミテド広報室   052-561-7112
 
 以上
 
別紙:
別添資料
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
ANAとノリタケが、国際線の食器を共同企画