NEWS ANA

第06‐136号
2006年10月20日


軽量型の新コンテナの導入!
〜 本邦初、ケブラー®素材コンテナの導入 〜

 ANAは、軽量型コンテナを200台導入し、2006年冬ダイヤから使用します。今回導入する軽量型コンテナは、底盤および骨格をのぞく外壁部分をケブラー®素材に、開閉部分をキャンバス素材にそれぞれ変更することにより、従来のコンテナと比較して28キログラムの軽量化を実現しました。
  当初は東京(成田)=サンフランシスコ線を中心に、主に欧米路線にて使用します。東京(成田)=サンフランシスコ線の使用機材であるボーイング777−300型機のコンテナ搭載可能台数は44台であり、1機あたり最大では1,232キログラムの軽量化(※)が可能となります。また、メンテナンスコストも従来型と比較して半減できる見込みです。
 来年度以降、順次軽量型コンテナへの更新を進め、燃料消費の抑制、CO2排出量の削減に引き続き努めてまいります。
この場合、東京―サンフランシスコ線片道で約495リットル(ドラム缶 約2.5本分)の燃料削減、ならびに約1,220キログラムのCO2排出量削減が図れます。
 
  <<軽量型コンテナの概要>>
  軽量型コンテナ 従来型コンテナ
素材
ケブラー® 70%
キャンバス 5%
アルミニウム 25%
アルミニウム:100%
コンテナ自重 71キログラム 99キログラム

 
ケブラー®は米国デュポン社の登録商標です
以上
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用下さい)
軽量型の新コンテナの導入!