2007年4月12日
SFJ/ANA共同リリース
 
 

6月1日より、SFJ・ANA国内線共同運航(コードシェア)を開始
〜 4月20日よりコードシェア便の予約を開始します 〜
〜 SFJとのコードシェアにより、ANAのネットワークが北九州空港へ拡大します 〜
〜 ANAとSFJ便の乗り換え、乗り継ぎが便利になります 〜

 株式会社スターフライヤー(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:堀 高明、以下SFJ)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山元峯生、以下ANA)は、2007年6月1日(金)搭乗分より、SFJが羽田=北九州間で運航する1日10往復20(※1)便において、国内線共同運航(以下コードシェア)を行うことを合意し、本日4月12日に国土交通省に申請いたしました。
 SFJとANAは2006年2月に2社間における業務委託基本契約を締結し、航空券予約システム(able)や訓練施設の賃貸などを行ってきましたが、今般新たにコードシェアを行うことにより、お客さまの選択の幅の拡大、SFJ−ANA間のスムーズな乗り継ぎが可能となります。
 SFJ、ANAは、お客様の利便性向上に向け今後もより一層努力を続けて参ります。
 なお、当該便はSFJによる運航のため、ANAでご予約のお客様についても、羽田空港第1ターミナルでの出発、到着となります

(※1):SFJ93便/SFJ70便はコードシェア対象外です。

 
 
1.コードシェア開始によるお客様の利便性向上
ANA
  2007年6月1日より、北九州に路線が拡がります。
     SFJ運航の20便にANA便名を付与することにより、ANAのネットワークに東京−北九州路線が加わります。ANAが北九州に就航するのは1983年以来のこととなります。
 ANA便名にて航空券をお求めの場合は、ANAマイレージクラブの会員のお客様へマイルが積算されます。
 
2.予約から搭乗までのお客様の利便性向上
SFJ/ANA
  羽田空港第1ターミナル、」北九州空港に自動チェックイン機を配置
     コードシェア開始を機に、2007年6月1日より、羽田空港第1ターミナルおよび北九州空港のSFJカウンターに自動チェックイン機を配置します。これにより、航空券ご利用案内書等の2次元バーコードによる航空券ピックアップが可能になる等、当該便ご利用のお客様のスムーズな搭乗手続きが可能となります。また、東京モノレール浜松町駅、京急品川駅、Y−CATに設置している自動チェックイン機でのチェックインも可能になり、さらに便利になります。
     
    SFJ/ANA便の乗り換え、乗り継ぎが便利に!!
     2007年6月1日搭乗分より、大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引運賃、身障者割引運賃については、SFJ/ANA便相互間で、各社がそれぞれ設定する運賃の差額払い戻し/お支払いのみで相互に搭乗することができます。
 あわせて、SFJ/ANA便を乗り継ぎされる場合、最終目的地までのチェックインと手荷物のお預かりが可能となり、スムーズな乗り継ぎが可能となります。(SFJ運送約款の変更許可が前提となります。)
 
 
以上
 
 
問い合わせ:   SFJ広報G   093-511-2300
    ANA広報室   03-6735-1111
 
 
添付:
参考資料
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
6月1日より、SFJ・ANA国内線共同運航(コードシェア)を開始