日本通運株式会社・株式会社近鉄エクスプレス・全日本空輸株式会社共同リリース
 
2007年12月18日
日本通運株式会社
株式会社近鉄エクスプレス
全日本空輸株式会社

国際エクスプレス事業会社設立に関する三社の基本合意について

 日本通運株式会社(本社:東京都港区、社長:川合正矩、以下「日本通運」という)、株式会社近鉄エクスプレス(本社:東京都千代田区、社長:辻本博圭、以下「近鉄エクスプレス」という)および全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、社長:山元峯生、以下「ANA」という)の三社は共同して国際エクスプレス事業会社を設立することに合意し、本日基本合意書を締結致しました。2008年4月に新事業会社を設立しサービス対象地域をアジア域内として速やかに営業を展開してまいります。

 経済のボーダレス化により国際物流における企業間物流の需要は急速に伸張しており、さらに企業経営における戦略的ロジスティクスの重要性が増し、お客様からの高品質な一貫輸送へのニーズも高まっております。特にアジア域内においては各企業の生産活動が引き続き加速しており効率的なサプライチェーンを支える高機能な物流サービスが求められております。

 このような中、日本通運と近鉄エクスプレスは、高品質で高い競争力を備えた日系フォワーダー独自の航空エクスプレス商品開発についての検討を進めて参りました。一方ANAは、先般沖縄県と共同で那覇空港に国際貨物基地を設置する計画を発表し、アジア域内に効率性の高い航空ネットワークを構築するとともに、企業間物流を対象としたエクスプレス事業への進出を検討しておりました。

 今般、この三社の考え方が一致し、協力して国際エクスプレス事業を推進する新会社設立の合意に至ったものです。三社は対等の精神で事業に参画し、本事業の趣旨に賛同する他フォワーダーの協力も得ながら、新会社の営業開始に向けて各社が保有する経営資源を最大限に提供していきます。新会社はアジア域内における物流の効率化を図り、国内および国際経済の発展に貢献することを目指してまいります。

 
 
 以上
 
お問い合せ先
日本通運広報部
03−6251−1454
近鉄エクスプレス総務部
03−3201−2654
ANA広報室
03−6735−1111
 
 
添付:
国際エクスプレス事業会社の概要
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
国際エクスプレス事業会社設立に関する三社の基本合意について