スターアライアンスニュース    
    2008年3月26日

スターアライアンスが、ロンドン・ヒースロー空港でターミナル移転プロジェクトを展開
〜 2012年までに全加盟航空会社が一つのターミナルに集結 〜

 

 2008年3月25日、ドイツ、フランクフルト発:地球を結ぶスターアライアンスは、ロンドン・ヒースロー空港で待望の『一つ屋根の下に集結』プロジェクト実施に向けて準備を進めています。プロジェクト実現までには複数の段階を経ますが、本年4月に第1工期を開始、2012年のプロジェクト完成を目指します。

 「スターアライアンスが進める全ての『一つ屋根の下に集結』プロジェクトのなかで、ヒースロー空港プロジェクトが明らかに最大の難関です。最先端技術を駆使した新しい施設をお客様に即時提供することが理想ではありますが、現存するインフラ設備の利用をしなければならないため、英国航空を始めスターアライアンスメンバー各社の協力を得ながら段階的にプロジェクトを進めてまいります。プロジェクト完了時にはヒースロー空港でお客様に全く新しい経験をしていただくことが可能になります。新ターミナルは航空業界の新しい基準になるはずです。」とスターアライアンスのヤーン・アルブレヒトCEOが述べました。

 プロジェクトの第1段階として第1ターミナルの大改修工事を行います。現在進行中のアイランド式チェックインカウンターの解体作業終了後、斬新なデザインに基づくチェックインホールが完成します。これにより、2008年6月10日、ニュージーランド航空とユナイテッド航空の第3ターミナルから第1ターミナルへの移転が実現します。

 これに関してアルブレヒトCEOは次のように語りました。「第1ターミナルを利用する乗客数は現在の2千3百万人から2009年には千5百万人に減少すると予測され、空港施設全体の混雑は過去に比べて大幅に解消されるはずです。さらに、スターアライアンスは利用者の皆様の利便性向上を図るために様々な施策に着手しております。」

 bmi、南アフリカ航空、ユナイテッド航空*の3社はヒースロー空港に到着するスターアライアンス会員で一定の要件を満たしたお客様にスターアライアンス・ブランドの到着ラウンジの利用を提供いたします。330m2のラウンジはメインレベルにある保安検査場に隣接し、到着エリアから直接エレベータでアクセスできる便利な位置にあります。

 出発されるお客様のためにスターアライアンス最大のラウンジが2008年6月、第1ターミナルにオープンします。1,650m2の広さを誇る出発ラウンジは、第1ターミナルから加盟各社の便を利用されるスターアライアンスゴールドカードメンバーは勿論、ファーストクラスおよびビジネスクラスのお客様にもご利用いただけます。

 プロジェクトの第2段階は2008年後半に予定されている第2ターミナルの閉鎖と並行して実施されます。現在第2ターミナルから運行しているスターアライアンスメンバーのオーストリア航空、ルフトハンザ航空、スイス航空、TAPポルトガル航空、そしてリージョナルメンバーのクロアチア航空の各社は本年10月から11月にかけて第1ターミナルに移転する予定です。これと時を同じくして、bmiは現在の第1ターミナルで運用されているアイランド式チェックインカウンターと異なり直線レイアウトが特徴の新しいチェックインエリアの利用を開始します。

 このほかのスターアライアンスメンバーでヒースロー空港を利用しているエア・カナダ、中国国際航空、ANA、ブルーワン、スカンジナビア航空、シンガポール航空、タイ航空、トルコ航空の各社は2012年まで第3ターミナルの供用を継続します。現在、第3ターミナルで進行中の複数の改修工事に加え、今後数年間に予定されている更なる改善、チェックインエリア、搭乗ゲートエリア、ラウンジの刷新、手荷物配送システムの充実によりスターアライアンス各社を利用されるお客様の利便性は一層向上するでしょう。

 現在、スターアライアンスに加盟する17の航空会社がヒースロー空港に乗り入れており、世界44カ国、83都市に毎日184便を運航しています。正規加盟メンバーとしてヒースロー空港の運用を開始するトルコ航空、ヒースローとヘルシンキを結ぶブルーワン、さらにはヒースローとフィラデルフィア間に就航するUS航空を合わせると、4月にはスターアライアンス20社がヒースロー空港を利用する予定です。1日当たりの運航便数は192便に増え、45カ国88都市を結ぶことになります。

# : トルコ航空は2008年4月1日付でスターアライアンスに加盟予定
* : ユナイテッド航空利用のお客様はユナイテッド航空が2008年6月第1ターミナルに移転後、本施設の利用が可能になります。
 
スターアライアンスについて
スターアライアンスは、1997年に世界で初めてグローバル航空会社連合として設立され、お客さまに世界規模のネットワークとスムーズなご旅行を提供しております。スターアライアンスは、2003年、2006年、2007年にビジネストラベルマガジン、および2003年、2005年、2007年にスカイトラックスによって、ベスト・エアライン・アライアンスに選ばれました。現在の加盟航空会社はエア・カナダ・中国国際航空・ニュージーランド航空・ANA・アシアナ航空・オーストリア航空・bmi・LOTポーランド航空・ルフトハンザドイツ航空・スカンジナビア航空・上海航空・シンガポール航空・南アフリカ航空・スパンエア・スイス インターナショナル エアラインズ・TAPポルトガル航空・タイ国際航空・ユナイテッド航空・USエアウェイズの合計19社となります。リージョナルメンバーのアドリア航空(スロベニア)・ブルーワン航空(フィンランド)・クロアチア航空がグローバルネットワークを強化しています。エアインディア・エジプト航空・トルコ航空の加盟方針が承認されています。現在、合計160カ国897都市へ就航し、毎日約1万7千便を運航しています。
 
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
スターアライアンスが、ロンドン・ヒースロー空港でターミナル移転プロジェクトを展開