NEWS ANA

第08‐088号
2008年7月11日

 
ANAは「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を推進します!

 ANAは、厚生労働省が実施する「仕事と生活の調和推進モデル事業」の趣旨に賛同し、本年4月に参加企業10社のうちの1社として参画を表明いたしておりましたが、この度、モデル企業として重点的に取り組むべき事項を決定するとともに、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、経営トップによる決意表明をいたします。
 全社員が「仕事」と「生活」を両立し、やりがいや達成感を感じながらいきいきと働くことのできるANA グループを目指し、ワーク・ライフ・バランスを積極的に推進して参ります。

 
以上
 
【経営トップによる決意表明】
 ANAグループでは、2010年の首都圏空港の発着枠拡大を事業拡大のチャンスと捉え、大きく発展していくための道筋として、「2008-11年度ANAグループ中期経営戦略」を策定致しました。本戦略では、発展を支える推進力は「人財」、すなわちグループ員一人ひとりに他ならないことを深く認識し、その全員が「仕事」と「生活」を両立し、やりがいを感じながらいきいきと働くことができる環境づくりを進めることにしています。
 そのために、一人ひとりが時間価値の重要性を意識しながら、従来の枠組みにとらわれない発想で新しい価値を創造できるよう、働き方の改革を促します。各自がライフスタイルや価値観を大切にしながら能力を発揮していくことのできる制度や、自律的に「仕事」と「生活」をマネジメントし、イノベーションにつながる創造性の高い仕事に注力できるような環境・風土づくりを積極的に推し進めて、グループ経営理念である「世界の人々に『夢』と『感動』を届けます」を実践して参ります。
 
〜ANAは、以下の3つを重点項目として取り組んで参ります〜

◇ 少ない時間で高い成果を!〜 労働時間に対する取り組み
   * 大胆な業務の見直しと効率化
   * 労働時間管理の徹底
   * 自分の時間を見直そう:働き方を変えるための意識改革

◇ 仕事も家庭(私生活)も あんしん、あったか、あかるく元気! 〜 多様な働き方の推進
   * 仕事と育児・介護をいきいき両立:育児・介護関連制度の充実と環境整備
   * 働く時間や場所を柔軟に:テレワークの導入

◇ いきいき社員のススメ 〜 ワーク・ライフ・バランス推進のための啓発活動
   * ワーク・ライフ・バランスセミナーの開催 (外部講師によるセミナー、社内ディスカッション)
   * パンフレットの作成
 
*ANAの「仕事と生活の調和推進プロジェクト」については以下を参照ください。
 (リンク先:http://www.ana.co.jp/ana-info/ana/csr/wlb/index.html

*厚生労働省が実施する「仕事と生活の調和推進モデル事業」については以下を参照ください。
 (リンク先:http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/sigoto-seikatu/index.html
 
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
ANAは「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」を推進します!