NEWS ANA

第09‐012号
2009年1月23日


本邦最大級!ANA国際線機内エンターテイメントプログラムを拡充
〜チャンネル数を最大160チャンネルまで拡大し、新プログラムなどを豊富にご用意しました〜

 ANAグループでは、2009年2月より、国際線で個人シートモニター(*)を装備する機材全機、全クラスにおいて、エンターテイメントプログラムのチャンネル数を順次大幅に拡大してまいります。また、特にお客様に人気の高いハリウッド映画をはじめ、これまでにないバリエーションや特集番組を豊富に取り揃え、お客様の多様化するニーズに応えていくことで、さらに快適な空の旅をお楽しみいただけるようになります。

 第一弾として、2009年2月1日(日)より、欧米路線(ボーイング747−400型機およびボーイング777−300ER型機)の番組を従来の82チャンネルから160チャンネルに、また第二弾として、4月1日(水)より、中国、アジアなど中・短距離路線(ボーイング777−200ER型機およびボーイング767−300ER型機)の番組を従来の75チャンネルから153チャンネルに拡大いたします。(※一部機材と就航路線の組み合わせが異なる場合がございます。)

 チャンネル数の大幅拡大とともに、新企画・新ジャンルの番組ラインナップを豊富にご用意いたします。人気のハリウッド映画・日本映画に加え、フランス・韓国・タイなど、世界各国の秀作を集めた「ワールドムービー」の新設、シリーズ作品や同一キャストによる様々な作品など内容も充実いたします。また、機内エンターテイメントとしては、世界初の人気TVドラマシリーズ「24−TWENTY FOUR-Season1」全24話の一挙上映(2009年7月まで)などがお楽しみいただけます。
 さらに、オーディオ番組では、雑誌『GQ JAPAN』とのコラボレーション番組「GQ Salon on ANA」がスタートします。大人の男性の洗練されたライフ・スタイルをテーマに、ゲストトークや音楽を楽しんでいただけます。また、人気小説やお子様向けの短いお話の朗読、BGMとインストラクターによるガイドでおくる機内でできる「音ヨガ」などを集めた「オーディオブック」など、お客様の幅広いニーズにお応えいたします。

 ANA国際線個人用シートモニター装備機材(*)では、全てのクラスでオンデマンド機能をご利用いただけます。お好きなチャンネルをお好きな時に、一時停止や巻き戻し、早送りも自由自在で機内エンターテイメント番組をお楽しみいただけます。

 ますます快適になるANAグループの国際線にどうぞご期待ください。

 
以上
 
* 個人用シートモニターは一部の機材(ボーイング767型機の一部、ボーイング737型機、エアバス320型機)には装備されていません。
ボーイング737型機・エアバス320型機のビジネスクラスではポータブルメディアプレーヤー(約35番組)をご用
意しています。(チャンネル数・番組構成は従来より変更はございません。)
 
添付資料:
別紙
 
(印刷をされる方はこちらをご利用ください)
本邦最大級!ANA国際線機内エンターテイメントプログラムを拡充