第9−58号
平成9年9月29日


全日空・エアーニッポン共同リリース
「赤い羽根・空の第一便」
今年も全日空グループ機で全国各地へ!

 1947年に始まって以来、今ではすっかり秋の風物詩となっている「赤い羽根募金(共同募金)」が、今年も10月1日(水)から12月31日(水)までの3ヶ月間実施されます。

この「募金」活動は今年で51回目となりますが、全日空とエアーニッポンでは「赤い羽根・空の第一便」と称して「赤い羽根募金」初日に全国各地へ“赤い羽根”と、厚生大臣および中央共同募金会会長からの“メッセージ”を空輸してまいりましたが、この輸送協力も1962年以来36回目となります。
 「空の第一便」による“赤い羽根”と“メッセージ”は10月1日に全国36地区へ空輸され、各知事、市長ならびに共同募金会会長の方々へ当社ならびにエアーニッポンの客室乗務員から手渡されることになっております。なお10月1日から10日間、同社の客室乗務員全員が“赤い羽根”をつけて乗務する予定となっております。

「赤い羽根募金」前日の9月30日(火)には、全国各地に「空の第一便」として空輸される“赤い羽根”ならびに“メッセージ”の伝達式が下記のとおり予定されております。

【伝達式の概要】
  1. 日 時
    平成9年9月30日(火) 午前11時
  2. 場 所
    厚生大臣室(厚生省7階)
  3. 当社出席者予定者
    金 子 久 美(東京空港支店 客室部 客室乗務員)
    藤 井 智佳子(東京空港支店 客室部 客室乗務員)



以 上