別 紙

「国内線国際線別増減・休止路線便数計画」

〇 国内線事業計画

(1)羽田発着路線

 イ.増便路線
青森線(1→2便/日:通年)
福岡線(11→12便/日:通年)、

その他札幌線、釧路線、高松線、広島線、熊本線、沖縄線等の季節増便を計画いたし ます。
 ロ.減便路線
札幌線、函館線、宮崎線等の減便を計画いたします。

 ハ.早朝深夜便の設定
関空線(通年、羽田:21時台発/23時台着)および沖縄線(6月から10月、羽田:5時台発/23時台着)の早朝深夜便を設定いたします。

(2) 名古屋発着およびその他地方空港からの路線

名古屋発着およびその他路線についても需給バランス等を勘案し、柔軟な増減便を計画いたします。 特に12〜1月を中心とした不需要期間においては、札幌〜庄内線(1→0便/日)、仙台〜広島線(2→1便/日)、仙台〜松山線(1→0便/日) 他10路線程度(詳細検討中)の季節休止・減便を計画いたします。

〇 国際線事業計画

(1) 成田発着路線

イ.増便路線
ロサンゼルス線 (7->8往復/週:7月から9月まで日曜日を増便)、
ワシントン線 (4->5往復/週:サマーダイヤから,5->6往復/週:7月から)、
ニューヨーク線 (7->8往復/週:10月から土曜日を増便)、
大連線 (1->2往復/週:7月から)

今後発着枠の状況等を踏まえ、ウインターダイヤに向けて米国本土既存路線等の増便を検討いたします。

ロ.休止および減便路線
ブリスベン/シドニー線 (6->5往復/週:サマーダイヤから,路線休止:7月から)

その他路線の事業性等を検証の上、路線の休止・減便を検討いたします。


(2) 関西発着路線

イ.増便路線
ロンドン線 (4->5往復/週:サマーダイヤから)
大連線 (3->6往復/週:サマーダイヤから)
上海線 (6->7往復/週:サマーダイヤから)
青島線 (2->3〜5往復/週:サマーダイヤから)


ロ.減便路線
フランクフルト線 (3->2往復/週:サマーダイヤから)
ローマ線 (4->3往復/週:サマーダイヤから)
バンコク線 (11->7往復/週:サマーダイヤから)

バンコク線の減便に合わせて、ヤンゴン線(直行便)の復路のみをバンコク経由(三角運航)を計画いたします。

戻る