NEWS ANA

全日空/ルフトハンザ・ドイツ航空共同リリース
平成10年4月21日


全日空・ルフトハンザドイツ航空
包括提携契約を締結

〜7月1日より成田〜フランクフルト線でコードシェアリングを開始予定〜

 全日空とルフトハンザドイツ航空は本日4月21日、日本〜ドイツ路線のコードシェアリングを始めとする包括的な提携契約を締結いたしました。

包括提携により、日本を中心とした全日空のネットワークとフランクフルトを中心に広がるルフトハンザ ドイツ航空の路線網が結びつき、日本国内及びアジア・オセアニアとドイツ国内・ヨーロッパ域内との間を移動されるお客様の利便が格段に向上いたします。
また、この提携は両国の交流促進にも、より一層貢献するものと確信いたしております。

両社は7月1日より、日本・ドイツ両国政府の認可を前提に、東京〜フランクフルト線で合計週8便のコードシェアリングを開始する予定です。併せて、出発地で最終目的地までの搭乗手続きをお済ませいただける、スルーチェックイン・サービスや、成田空港とフランクフルト空港のラウンジの共用も開始いたします。
また、名古屋〜フランクフルト線および大阪〜フランクフルト線、ならびにフランクフルトからのヨーロッパ域内路線と日独両国内路線のコードシェアリングも、準備が整い次第、開始する予定です。なお、いずれのコードシェアリングも日独および関係国政府の認可を前提としています。

コードシェアリングの開始に先立ち、5月1日から、両社のマイレージサービス"ANAマイレージクラブ"と"Miles & More"が提携いたします。これにより、マイルが貯めやすくなり、またご利用いただける特典のバリエーションが一段と広がります。

去る3月1日、成田空港におけるルフトハンザ ドイツ航空のチェックイン・カウンターが全日空のカウンターが設けられている第2旅客ターミナルに移動いたしました。また、4月1日には、フランクフルト空港における全日空のカウンターもルフトハンザ ドイツ航空のカウンターが設置されているターミナル1に移動いたしました。これら両社のチェックインカウンターの併設により、コードシェアリング便のご利用や両社間の便の乗り継ぎが大変便利になっております

全日空とルフトハンザ ドイツ航空は、包括提携を通じて、利便性と快適性に対するお客様のご期待にお応えすることのできるサービスの創造と提供に努めてまいります。



以 上