NEWS ANA

第10-102号
平成10年9月21日


ユニセフの航空機内募金活動「チェンジ・
フォー・グッド」に協力します


 全日空では10月1日(木)より、ユニセフの航空機内募金活動「チェンジ・フォー・グッド(Change for Good)」に協力し、ニューヨーク線、ワシントンD.C.線、ロサンゼルス線の日本到着便の機内に募金用の袋をご用意することといたしました。

 航空機内募金活動「チェンジ・フォー・グッド(Change for Good)」は、ユニセフ(国際連合児童基金)が世界各国の航空会社の協力により、世界的に展開している航空機内での募金活動です。1991年以来、800万米ドル以上がこの募金により集められ、開発途上国の子供たちの命と健康を守り、教育を普及するために役立てられています。
 実施に際しては、募金専用の袋を座席ポケットにセットし、機内アナウンス、ビデオ上映を行い、ご搭乗いただいたお客様に広く「チェンジ・フォー・グッド(Change for Good)」の活動を知っていただきたいと考えております。

 当社は、平成8年11月より成田空港のラウンジ内にユニセフ募金箱を既に設置していますが、地上から機上へと募金活動を拡大し、国際航空会社という特性を生かした社会貢献活動に、良き 企業市民として今後とも積極的に取り組んでまいります。

以上