NEWS ANA

全日空・エアーニッポン共同リリース
第10-106号
平成10年9月28日


「赤い羽根・空の第一便」
今年も全日空グループ機で全国各地へ!


 毎年恒例となっている「赤い羽根共同募金」が、今年も10月1日(木)から12月31日(木)まで の3カ月間実施されます。

 昭和22年から始められたこの募金活動は今年で52回目を迎えます。全日空とエアーニッポン では「赤い羽根・空の第一便」と称して、「赤い羽根共同募金」の初日に全国各地へ“赤い羽根” と厚生大臣および中央共同募金会会長からの“メッセージ”を空輸してきましたが、この輸送協力 も昭和37年以来、今年で37回目となります。

「空の第一便」による“赤い羽根”と“メッセージ”は10月1日に全国34空港へ空輸され、 37地区において各知事、市長ならびに共同募金会会長の皆様へ当社ならびにエアーニッポンの客 室乗務員から手渡されることになっています。なお10月1日から10日間、同社の客室乗務員全 員が“赤い羽根”を胸につけて乗務いたします。

 「赤い羽根共同募金」前日の9月30日(水)には、全国各地に「空の第一便」として空輸される “赤い羽根”ならびに“メッセージ”の伝達式が予定され、厚生大臣室において大臣から“メッセ ージ”が、中央共同募金会会長から“赤い羽根”がそれぞれ客室乗務員に手渡されます。 伝達式の概要は以下の通りです

【伝達式の概要】


□日時平成9年9月30日(水) 午前11時
□場所厚生大臣室(厚生省7階)
□出席者
全日空千田 みさ子(東京空港支店 客室部 客室乗務員)
後藤 廉子 (東京空港支店 客室部 客室乗務員)
エアーニッポン宮本 裕恵 (羽田空港支店 客室課 客室乗務員)
以上