NEWS ANA

第10-107号
平成10年9月29日


国内線のビール販売路線を拡大

 全日空は10月1日(木)より、国内線一般席でのビール販売路線に東京〜札幌、東京〜福岡の2路線を新たに加えます。

 当社は昨年8月1日より、国内線一般席でのビール販売サービスを開始し、現在は沖縄と羽田・伊丹・関西などを結ぶ一部の沖縄発着の路線でビール販売を行なっています。販売開始以来1年が経過しましたが、その間お客様から大変ご好評をいただいております。
そこで、今回は仕事帰りのお客様に空の上で一息ついていただけるよう、17:00以降に出発する東京〜札幌線、東京〜福岡線でも新たにビール販売を開始することにいたしました。

 仕事やご旅行帰りのアフターファイブは、冷たいビールを片手にくつろいだ空の旅をお楽しみください。
 全日空はこれからもお客様に最初に選んでいただけるエアラインを目指し、サービスの向上に努めてまいります。

【ビール販売サービスの内容】

(1)新規実施路線 東京 〜 札幌
東京 〜 福岡
※ いずれも17:00以降の出発便に限ります。
※ 通常の機内販売は実施いたしません。
※ ポケモンジェットは対象外です。
[参考]既にサービスを実施している路線
沖縄 〜東京・伊丹・関西・名古屋・仙台・
札幌(10月〜5月の季節運航)・
新潟(11月〜3月の季節運航)
※直行便のみ
(2)販売品目350mlの缶ビール(おつまみとセットで販売)
(3)販売価格500円(消費税込み)
(4)販売開始日平成10年10月1日(木)
             
以上