NEWS ANA

第11-007号
平成11年1月21日


平成11年度4〜6月の国内線運賃(案)を策定
〜 空港使用料の軽減措置に伴い、国内線運賃を引下げ 〜
〜 国内100路線の約半数の路線の “全便 ” にお得で便利な「特割」を設定 〜

 全日空は平成11年4月〜6月の国内線運賃(案)を策定いたしました。
 なお、平成11年度の運賃は現在、運輸省へ認可申請中であり、認可取得後すみやかに運輸省へ報告・届出を行う予定です。

平成11年度より、国が管理する2種Aおよび地方公共団体が管理する2種B、3種空港についても一部の空港を除いて着陸料が減額される見通しであることに伴い、全ての対象路線において国内線運賃の引下げを行います。

加えて、より多くのお客様に割引運賃をご利用いただくために、今回の運賃設定においては、国内全100路線のうち約半数の路線において全便を対象に「特割」を設定いたしました。
 「特割」はご搭乗の前日までご予約が可能で、原則的に残席状況をご確認いただける、透明性の高い、ご利用になり易い割引き運賃です。
 この「特割」便の大幅な設定により、ご搭乗間近にご予定をたてられるお客様の利便は格段に向上いたします。全日空便をますます便利に、お得に、ご利用いただけます。


【参考】「特割」便の設定数比較

平成 9年4月 ダイヤ 44便 /日
平成 11年3月 ダイヤ 156便 /日
平成 11年4月、5月 ダイヤ 298便 /日
以上