NEWS ANA

第11-16号
平成11年2月8日


アンセット・オーストラリア航空とのコードシェアを申請
〜3月28日より「大阪〜シドニー線」でコードシェア開始予定〜
〜他社運航のコードシェア便への運航形態の一元化によりオーストラリア線の事業効率を高めます〜

全日空は本日2月8日(月)、アンセット・オーストラリア航空とコードシェア便の運航を開始する旨を運輸省に申請いたしました。

全日空とアンセット・オーストラリア航空は、両国政府の認可を前提として、本年3月28日より、大阪〜 シドニー線(大阪発便はブリスベン経由)で、アンセット・オーストラリア航空の機材で運航される便に全日空便名を付してコードシェアを開始する予定です。

全日空は現在、自社機材を用いて『大阪〜シドニー』(大阪発はブリスベン経由)を運航しておりますが、3月28日以降は、当該路線の運航形態を本日申請を行ったアンセット・オーストラリア航空とのコードシェア運航便に一元化いたします。
全日空は本年10月に、お客様の利便性を維持向上させることを最大の目的とした「スターアライアンス」に正式加盟する予定です。「スターアライアンス」パートナーとの協力関係に基づくコードシェア運航にオーストラリア線の運航形態を一元化することで事業運営の効率化を図ります。

アンセット・オーストラリア航空は、メルボルンに本拠を置く航空会社で、オーストラリアでは最大の国内線ネットワークを誇ります。また、本年3月には世界最大規模の航空企業連合「スターアライアンス」に正式加盟する予定です。

全日空は、今般のコードシェアのほか、アンセット・オーストラリア航空との間で「マイレージサービス提携」、「スルーチェックイン」、「空港ラウンジの相互提供」など、お客様の利便向上につながるサービスを早期に開始すべく準備を進めております。

本日申請を行ったコードシェアの概要は、以下の通りです。

『大阪 〜 シドニー』線(大阪発便はブリスベン経由)
運航会社 アンセット・オーストラリア航空
使用機材 B747‐300
運航便数 週7便
運航ダイヤ 大阪 -> ブリスベン -> シドニー
便名関西発ブリスベン着/発シドニー着
NH5882/AN88220:005:25+1/6:40+18:10+1
時刻は現地時刻、“+1”は翌日の到着になることを示す

シドニー -> 大阪
便名シドニー発関西着
NH5883/AN8839:2518:00
時刻は現地時刻
以上