NEWS ANA

第11-023号
平成11年2月25日


別紙 平成11年度事業計画策定にあたっての中期展望

当社は益々厳しさを増す経営環境の下、経営再建プランを一層深化・加速させ、収支構造のさ らなる抜本改革を行うべく、平成11年度から平成13年度までの3年間を見据えた以下の中期 展望に立った事業運営を行っていく考えです。

事業展開とネットワークの考え方
収益力の向上と財務体質の改善を図るため、現有資産を最大限に活用し、強みのある分野への「絞り込み」と資源の「集中投入」を基本的な考え方として、具体的には、収益性重視の路線再編と投資抑制につながる機材構成の再構築を推し進めることにより、国内線および国際線事業を再編いたします。

国内線事業
羽田路線を中心とした発着枠の転用や不採算路線の休止により、路線ネットワークの 再編および需給バランスに見合った稼動機材の小型化を推進するとともに、ダイヤの固定化等による競争力の向上を計画します。併せて、全日空グループとしての事業拡大と収益力の向上を目指して、エアーニッポンとの間で国内線事業を再編します。 具体的には、機材の小型化により運航コストを低減し、収益性を向上させます(ダウ ンサイジング)。段階的に当社の関西発着、福岡発着、その他ローカル線をエアーニッ ポンへ移管(3年間で20路線程度、計11機相当を予定)します。また、羽田につい ては収益性の向上を図るためエアーニッポンの羽田路線を当社に移管(3年間で4路線 程度、計3機相当を予定)します。

国際線事業
収益性を重視して不採算路線の休止・運航形態の見直しを行うなど路線再編を進める とともに、アライアンスの推進によるネットワークの拡充を図ります。 成田発着路線においては、高需要路線の増便と関西からの路線のシフトなどを行い、 ビジネス路線を中心に当社にとって必要不可欠なネットワークを整備します。関西発着路線に関しては、事業性ならびに市場性の観点から中型機5機程度の規模で、近距離国際線に特化します。 アライアンスでは、当社が本年10月に正式加盟する予定の「スターアライアンス」 加盟航空会社などとのコードシェアを中心に自社ネットワークの補完と競争力ならびに利便性の向上を推進します。

機材計画
機材費負担増の回避と投資抑制の観点から、機材数は現有規模を基本とし、一部導入 延期も検討します。これら中期的な機材計画の見直しにより、航空機機材投資を3年間 で1,000億円程度圧縮します。


TOP
1.事業規模
2.機材計画
3.国内線事業計画
4.国際線事業計画
別紙 平成11年度事業計画策定にあたっての中期展望
以上