第11-035号
平成11年4月1日


全日空 平成11年度入社式 社長挨拶

 入社おめでとうございます。
皆さんは、新たな決意を胸に、大きな希望を抱いて入社されたことと思います。私も、今日皆さんを当社に迎える事ができ、大変うれしく思います。先程から皆様のお顔を拝見していると、それぞれが期待にあふれた表情をされており、これから第一線で、当社の貴重な戦力として頑張っていただけることと、思いを深くしております。今日の気持ちをぜひ忘れずに、これからの困難に立ち向かって欲しいと思います。

 ご存知のように、現在非常に厳しい経済情勢が続いており、様々な経済対策が打ち出されてはいるものの、来年以降も当社を取り巻く経営環境はさらに厳しさを増すものと思われます。
 このような環境の下、航空業界は競争激化の嵐の中に置かれており、収入の伸び悩みが深刻な問題となっております。国際線においても、昨年念願のインカンバントキャリアとなり、アメリカに新規路線も複数開設しましたが、これからは海外の体力のある航空会社と競争していかなければならず、グローバルスタンダードでの体質強化が必要です。そのためにも、安全運航を第一に、常にお客様の立場に立ってサービスを提供することが肝要で、既存の枠にとらわれることなく、社業に励んでいただきたいと思います。この困難な時代を乗り切るためにも、新入社員の皆さんを含め、社員一人ひとりの力を結集していきましょう。

 皆さんは、今日社会人として新しいスタートを切るわけですが、私から4つのお願いがあります。一つ目は、責任感と熱意を持って仕事に励んで欲しいということです。失敗にめげず、常に前向きな姿勢で、『百尺竿頭に一歩を進む』の気持ちで、がんばってください。二つ目は、安易な道を選ばないことです。経験に勝る勉強はなく、常に困難に立ち向かい、『能わざるにあらず為ざるなり』の姿勢で、勉強を繰り返してください。三つ目は、他人の立場を尊重してください。サービス業として、お客様の立場に立って考え、自分の最善を尽くしてください。そして最後に、常識にとらわれることなく、皆さんの疑問や発想を大切に、どんどん新しいものを生み出していってください。

 これから皆さんの周りの環境は、今までと比べて大きく変わっていくと思いますが、ぜひとも健康には留意され、当社の貴重な戦力の一員として、難局を乗り切る原動力となるよう邁進していただきたいと思います。

【参考】
新入社員数(平成11年4月1日付)
 
職種
人数
操縦士訓練生
28
特定地上職
90

 

以上