第11-067号
平成11年6月29日

安全・運航に関連する情報をホームページで公開

〜6月30日より、インターネットホームページに掲載〜


 全日空は、6月30日より、安全理念を始めとして、安全管理・運航支援体制、 安全性向上のための留意事項やお客様へのお願い、 その他運航に関連するデータ等をインターネット・ホームページに掲載いたします。

 全日空のインターネット・ホームページ (http://www.ana.co.jp/) へアクセスすることにより、これら情報をご覧頂けます。 全日空のホームページ上で、 『Safety Lounge』をクリック頂くと、 安全理念、社長メッセージ、安全管理・運航支援体制、 お客様へのお願い等を、また 『ANA Flight Data』をクリック頂くと、 国内線・国際線の就航率、引き返し便・目的地空港への着陸の発生率等をご覧頂けます。

 全日空では、『安全は経営の基盤であり、社会への責務である。 安全は全社の総合システムの成果であり、それを支えるのは社員一人ひとりの行動である。 我々は相互に理解と協調を深め、安全を確保するよう、誠実をもって当たらなければならない。』 と、“安全理念”を定めています。全ての役職員は“安全理念”を共有し、 系統だった安全管理・運航支援体制の下、日々の運航の安全を堅持すると共に、 最新の技術を積極的に取り入れることなどで安全性を更に高める努力を弛まず行っております。

 今後とも運航の品質を一層高め、お客様により快適な空の旅を満喫して頂くためには、 全日空の安全に関する取り組みや体制、 安全性向上のための留意事項やお客様へのお願いを広くご理解いただくことも重要であると考え、 インターネットを活用して関連する情報を発信する事としたものです。

 6月30日より、ホームページに掲載する安全・運航に関する情報の概要は、以下の通りです。

『Safety Lounge』
安全理念と社長メッセージ
運航の安全に係わる業務フロー
安全管理・運航支援体制(組織図、人員数、訓練内容・体系など)
お客様へのお願い(緊急脱出時の援助依頼、座席ベルトの常時装着など)
安全性向上のための機器(対地接近警報装置、衝突防止装置など)
機内の安全設備(救命胴衣、非常脱出路表示灯、酸素マスク、医薬・医療品など)

『ANA Flight Data』
就航率(就航率データ、欠航便概要)
引き返し便(発生率、事例の概要)
目的地空港以外への着陸(発生率、事例の概要)
定時性データ

以上