第11-073号
平成11年7月14日

平成11年度下期国内線運賃を設定

 全日空では、平成11年度下期(平成11年10月〜平成12年3月)の国内線運賃を設定し、 本日7月14日(水)、運輸省に対して報告・届け出いたしました。

 空港着陸料の減免や本土−沖縄間の航空燃料税の減額により、 国内90路線中85路線(5路線は着陸料減免対象外)において普通運賃を引き下げ、 その水準も今年度上期と同額といたしました。
 また、10月ご搭乗分の「特割」は、9月ご搭乗分より新設した「往復特割」とあわせ、 前年同時期に比べ約2倍強にあたる269便 (但し東京−札幌、東京−福岡、伊丹−札幌、関西−札幌の4路線を除く)に設定しており、 ますます便利に、お得にご利用いただけます。

 運賃設定の概要は以下のとおりです。

1. 設定期間

平成11年10月1日〜平成12年3月31日 ご搭乗分
2. 設定内容
(1) 普通運賃
(2) 割引運賃

「特割」「往復特割」は平成11年10月1日から10月31日搭乗分の設定になります。

「リピート」「ほしぞらきっぷ」「平日シルバー割引運賃」などその他の割引運賃は7〜9月と同様に設定いたしました。

「早割」に関しては別途お知らせいたします。

以上