第11-075号
平成11年7月28日

スターアライアンス特別塗装機を運航
〜8月10日にスペシャルペイント機が国内線に登場〜

 全日空は、本年8月10日(火)より、今秋『スターアライアンス』へ正式加盟する(10月31日予定)ことを記念して、スターアライアンス特別塗装機(B767−300)の運航を国内線で開始します。

 スターアライアンス特別塗装機の垂直尾翼には世界の五大陸をモチーフにしたスターアライアンスのロゴマークを、また機体側面にはスターアライアンス加盟各社と全日空、計9社のコーポレート・マークをカラフルにデザインします。

 『スターアライアンス』は、エアカナダ、ニュージーランド航空、アンセット・オーストラリア航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、ヴァリグ・ブラジル航空の各国を代表する8社の航空会社で構成される世界最大規模の航空企業連合です。スターアライアンスのネットワークは、全日空の加盟により112ヶ国以上、世界の760以上の都市に広がります。また平成12年には、メキシカーナ航空(メキシコ)も正式加盟する予定です。

  全日空は、航空輸送サービスに求められるニーズが多様化する中で"お客様の視点に立った利便性と快適性の向上"を推し進めることが「第一番目に選んでいただけるグローバルなエアライン」となるための最重要課題であると考えており、同じ目的を持つ世界の航空会社が結集したスターアライアンスに加盟することを昨年10月に発表しました。 現在、加盟各社との間で順次「マイレージサービスの提携」や「スルーチェックイン・サービスの提供」を開始するなど、10月31日の正式加盟に向けた諸準備を着々と進めております。

 スターアライアンス特別塗装機は、正式加盟へ向けた最終準備段階にある全日空の象徴的な存在として、より多くの利用者の皆様に「スターアライアンス」を身近に感じていただくことを目的に、国内線の主力機材であるB767−300(272席)に、スターアライアンスのロゴ・マークと加盟各社のコーポレート・マークをペイントし運航します。

 今後とも、全日空はスターアライアンスを中心とした航空会社との協力関係をさらに強化することなどにより、優れた利便性と質の高いサービスでお客様から選ばれるエアラインになるべく、一層の努力を続けてまいります。

以上