ANA

Road to NAHA はじめての42.195

  • Lesson0 フルマラソン宣言
  • Lesson1 1時間走
  • Lesson2 2時間半走
  • Lesson3 レース直前講座

8/20 update

「いつか走ってみたい!」ランナーならきっと誰もが一度は夢見るフルマラソン。でも、42.195キロという距離は、途方もないもののように、特にビギナーにとっては感じられます。そんな未知のフルマラソンに挑戦するためのコツを、ニューバランス ランニングアドバイザーの中島靖弘コーチが伝授します。9月から月1回の更新で、自分のペースをつかんで長い距離を走れるようになることを目標に、実践的なコツ、トレーニングのポイントを解説。今回はレッスン直前講習として、中島コーチにお話を伺ってきました。「中島コーチ、ビギナーでも本当に走れますか!?」

42.195キロも一歩一歩の積み重ね。とにかく宣言して挑戦すること!

フルマラソンを走ってみたいと思っていても、実際は不安だったりきっかけを作れなかったり、なかなか挑戦できないものです。まずは、大会に申し込んで、まわりに「フルマラソンやります!」と宣言することが大事。考えたり悩んだりする前に、走るきっかけを作ってしまうのです。大丈夫、やればできる! よく「どうせ当選しないよ」と、なんとなく大会に申し込んだら当選しちゃった人がいますが、彼らも出場してきちんと完走できているわけですから(笑)。
フルマラソン完走は、難しいことじゃありません。一歩一歩積み重ねて行けば、だれでもちゃんと完走できるものなんです。

 

NAHAマラソン完走を目指して、まずはハーフを2時間半。

マラソンは、42.195キロを自分の足だけで走りきるわけですから、一番大事なものは「脚力」なんです。とにかく練習では、なるべくたくさん走って、42.195キロを走り続ける足をつくっておくこと。ゆっくりでいいので長い距離を走れるトレーニングをしましょう。その一方で、週に2〜3回、1回のランは10〜15分と短くてもいいので、定期的に走ることが重要です。
ただ、無理は禁物。特に今はまだ暑いので、体力を消耗しないよう、朝夕の涼しい時間帯を選ぶとか、緑の多い公園など涼しい場所を走ってください。また、景色がよいところも、気持ちがいいので楽しく走れます。
NAHAマラソンの場合は、ビギナーの方にとってネックとなるのが6時間15分という制限時間です。前半が上りというコースを考えると、余裕を持つためにも、まずはレースの1ヶ月前までにハーフ(約21キロ)を2時間半で走れるようになるといいですね。

 

できるできないよりも、挑戦することが面白い。

大事なことは、目標を掲げて挑戦すること。初めての42.195キロへは、未知の世界で不安かもしれませんが、やったことのないこと、想像もつかないことだから面白いんです。
最後に、自分を走る気にさせるためのアドバイス。それは、「買い物」です。ランニングシューズを買いにいきましょう。ショッピングのポイントは、ランニングシューズの種類が多く、レベル別にディスプレイしてあるようなお店を選んで、とことん店員さんに相談すること。自分が気に入ったぴったりのシューズは、きっとラン気分を盛り上げてくれますよ。

 

中島靖弘

生年月日:1965年6月9日
出身地:神奈川県  血液型:O型

湘南ベルマーレスポーツクラブトライアスロンチーム ヘッドコーチ/ニューバランス ジャパン ランニングアドバイザー

オリンピック選手をはじめ、多くのアスリートのフィジカルトレーナーの経歴を生かし科学的なトレーニングを取り入れる。モデルから一般ランナー、トップアスリートまで幅広い指導歴を持つ。日本トライアスロン連合マルチスポーツ委員長

公式サイトはこちら

オフィシャルブログはこちら

 

旅ランしよう。

出張ランしよう。

SoraRUN コーディネート

NAHAマラソン レポート