ANA

旅ランしよう。

3/29 update

vol.1 沖縄:五感で味わう至福の旅ラン、南の島ではじめよう!

エメラルドグリーンの海と、ノスタルジックな雰囲気漂うフクギ並木。
のんびりとした時間が流れる備瀬を走って、沖縄の素顔と出会おう。

START フクギ屋

備瀬の入り口にある食事処「フクギ屋」脇の小道からスタート。ほの暗い緑のトンネルの向こうに見える海と空。だんだんと視界が開けていくワクワク感がたまらない!

  • PHOTO
  • MAP

海岸沿いの道

海岸沿いはアスファルトなので走りやすく、スピードも自然とアップする。左手には東シナ海が広がり、遠くに伊江島を望む。右手には民家がぽつりぽつり。潮風になびく洗濯物、海を眺めながら世間話をしているおじいたち。のどかな村の暮らしが垣間見え、気分もほっこり。

  • PHOTO
  • MAP

備瀬崎

まっすぐ進むと、備瀬崎に辿りつく。シュノーケリングのスポットとしても有名なこの場所は海の透明度が高く、水面をのぞくと小さな魚が泳いでいるのが見えるほど! 目の前の小島は「ミーウガン」と呼ばれる聖域。眺めていると、なんだか神聖な気持ちになってくる。

  • PHOTO
  • MAP

ナハミチ

備瀬崎の駐車場を抜け、「備瀬フク木並木通り終点」の看板が見えたら、左側にある集落のメインストリート「ナハミチ」へ。家ごとに異なる個性豊かなシーサー、色とりどりのブーゲンビリアやハイビスカスなど沖縄らしい景色が楽しめる。地元の人々と挨拶を交わしながら走るのも旅ランの醍醐味!やさしい笑顔に癒される。

  • PHOTO
  • MAP

フクギ並木道

車の往来が増えたので、右に折れてフクギ並木道へ。緑のトンネルが前後左右に広がり、まるで迷路のよう。木漏れ日のなかを、旅行者を乗せた水牛車がのんびりと進むノスタルジックな風景に思わずうっとり。

  • PHOTO
  • MAP

エメラルドビーチ

小道を抜けて再び海沿いの道に出たら左折。突き当たり左の坂道を上り、備瀬ゲートから海洋博公園内のエメラルドビーチへと駆け抜ける。Y字型に突き出した「眺めの浜」でゴール! 果てしなく広がる海と白い砂浜の美しさを目にすると、疲れが一気に吹き飛んでいく。観光地を巡るだけでは味わうことのできないこの感動と達成感、旅ランがクセになりそう!

  • PHOTO
  • MAP

GOAL 眺めの浜

 

緑のトンネルを抜け絶景の白砂ビーチへ。

沖縄本島の北部に位置する本部町。美ら海水族館の近くにある備瀬は、沖縄の原風景を残す小さな集落。防風林として植えられた数千本のフクギが織りなす緑のトンネルが幻想的な雰囲気を醸し出している。小道を抜ければ目の前に広がるのは透明度抜群の海と白い砂浜がきらめく絶景のエメラルドビーチ。アップダウンがなく、車や人も比較的少ないコースなので、ラン初心者にもおすすめ。

コース全長:約2.7km

※エメラルドビーチの利用可能時間は海洋博公園の利用時間に準ずる。

 

ACCESS

<那覇空港より車で>
那覇空港自動車道~沖縄自動車道許田IC~国道58号~国道449号浦崎交差点左折~県道114号~海洋博公園(美ら海水族館)よりさらに300mほど進むと、備瀬集落に入る斜めの道がある。約2時間。備瀬入り口広場に駐車場あり。

<那覇空港よりバスで>
那覇空港または那覇バスターミナルから高速バス(111番)に乗り、名護バスターミナルで路線バス(65・70番)に乗り換え、「備瀬入り口」で下車。約3時間。
※所要時間は、道路の混雑状況によって異なります。

 

空き状況をチェック

 

出張ランしよう。

SoraRUN コーディネート

NAHAマラソン レポート

Road to NAHA Lesson3 NAHAマラソン直前!完走のために今できること。

 

CAおすすめの沖縄北部癒しのスポット

年間を通して気候に恵まれた沖縄は、季節を問わずおすすめの旅先です。
特に見どころ満載の沖縄本島北部は近年人気のエリア。今回の旅ランコース周辺のおすすめスポットを紹介します。

沖縄県国頭郡本部町字石川424
海洋博公園内
http://oki-churaumi.jp/

沖縄美ら海水族館

エメラルドビーチで旅ランのゴールを迎えたら、隣接の「沖縄美ら海水族館」で海の中の世界を満喫してみては。一番の見どころは世界最大級の水槽「黒潮の海」。ジンベエザメやマンタが悠然と行き交う光景は息を飲むほどの迫力!大水槽を眺めながら寛げるカフェもおすすめです。

沖縄県国頭郡本部町字備瀬624
http://www.chanyaa.com/

琉球古民家ちゃんや~

備瀬のフクギ並木内に佇む古民家のお宿。お友達感覚の温かなおもてなしが心地よく、リピーターが多いのも頷けます。やんばる島豚アグーやとれたての海ぶどう、裏の畑で採れる野菜を使ったちゃんぷるーなど、料理も家庭的でほっとする味わい。予約すれば三線教室を開催してくれます。

ANA Latte