CaptainからのRoute Infomation

フライト豆知識 - Flight Knowledge

操縦についての豆知識

Q 無線標識ってどんな標識? 難易度★★★

A 答え

  空には何の境界線も引かれてはいませんが、目には見えない道=航空路が定められています。飛行機は他の航空機との安全間隔を保つ為に、この航空路を飛行していきます。その航空路を構成しているのが、無線標識(Nav aids)です。これにはさまざまな種類がありますが、座間にあるのはAMラジオとほぼ同じ周波数を使用したNDBといわれる種類のものです。(その他、超短波を使用したVOR、距離情報を表示するDMEなどがあります。) コックピットで座間の周波数に同調すれば、計器上の針が座間の方位を示してくれるので、確実に航空路を飛行できるという仕組みになっています。また現在の航空機はさらに、慣性航法装置、GPS(カーナビでもお馴染みですね)を複合的に組み合わせて、高精度の航法を実施しています。さらには地上からのレーダーによる識別も受けるなど、航法に関してだけでも多重のバックアップを受けて安全を確保しています。

<<前の豆知識へ 次の豆知識へ>>
copyright 閉じる