国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

毎月第2火曜日更新

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.4 東京→千歳線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.4 東京→千歳線

ルートマップ
北海道の表玄関 新千歳空港までご案内します。当路線は東京と北海道を結ぶ交通の大動脈です。弊社グループだけでも1日24往復、世界でもニューヨーク−ロンドン線と覇を競う提供座席を有する路線です。またエアバスからテクノジャンボまで時間帯に応じてさまざまな機材が就航しておりますので、飛行機自体もお楽しみいただけます。



副操縦士
今月のご案内役 ボーイング777副操縦士 加賀田 信一

  「ボーイング777副操縦士の加賀田です。今回は副操縦士が担当いたします。東京-千歳線は便数も多く、私たちも乗務する機会が多い路線です。季節に応じてさまざまな景色をお楽しみいただけますので、皆さんもぜひ北の大地までのフライトを満喫下さい。」
ルートの見どころ - The hightlight of a route


羽田離陸直後の浦安付近。左下は東京ディズニーシー。
離陸直後

  飛行機は羽田空港を離陸して、東京湾上空で高度を上げた後、船橋付近を通過し、埼玉、千葉の県境付近を沿うように飛行し、その後関東平野、東北地方の中央部に沿う経路で、北に向かってまいります。
  途中左手には観光名所である日光、中禅寺湖や、右手には霞ヶ浦を望み、通常の巡航高度41.000ftに向けて上昇を続けます。この高度ではすでに対流圏を越え成層圏に達しています。文字通り揺れのないフライトを満喫していただけるはずです(もちろん気流の変化によっては成層圏でも揺れることはありますが)。


離陸後約30分:田沢湖上空
上昇から水平、降下飛行へ

  その後、猪苗代湖、磐梯山のほぼ上空を通過し、東北の山々、田沢湖、十和田湖を臨みながら北に向かいます。陸奥湾に差し掛かったころから徐々に高度を下ろし始めます。そして下北半島上空を通過し、津軽海峡を越え、空港の風が北寄りなら苫小牧上空からまっすぐに滑走路に向かっていきます。


十和田湖上空
新千歳空港へ

  北海道に近づくと、左手には渡島半島、その後支笏湖、遠くには洞爺湖、羊蹄山なども見ていただくことができます。さて北海道の玄関である新千歳空港は、隣接する自衛隊が使用している千歳飛行場と合わせると計4本の3000m級の滑走路が配置され、両側に計器着陸用の電波施設を有する非常に設備の整った大空港です。
  冬季運航においても、除雪車を配備して遅れを最小にすべく努力をいたしておりますので、ご理解願います。
  さあ、まもなく着陸となります。空港から一歩出ていただくと北の大地と澄んだ空気が皆様をお待ちしております。次号は東京−八丈島線の予定です。ご期待下さい。
Q 冬季運航ってどんなもの? フライト豆知識へ フライト豆知識へ
キャプテンおすすめの情報 Captain's Recommend
千歳空港は皆さんご存知の通り、お土産が非常に充実しております。そんなお土産を選びながら、お腹がすいたら「八雲」でおそばはいかがでしょうか。お蕎麦好きの方はぜひ一度ご賞味下さい。
ごまそば八雲 新千歳空港店(営業時間 9:30〜20:30)
TEL :0123-46-5606
住所:北海道千歳市美々新空港F1(到着フロアーANA・AirDO到着口近く)

空から雪景色を楽しむなら「旅作」で!

北海道へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!

ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>