CaptainからのRoute Infomation

フライト豆知識 - Flight Knowledge

操縦についての豆知識

Q 冬季運航ってどんなもの? 難易度★★☆

A 答え

  滑走路に雪が積もり、ある程度以上の積雪深となり、滑りやすくなると離着陸が出来なくなります。このような場合は滑走路を一旦閉鎖し除雪車を一斉に出動させます。極力定刻に出発できるような体制を敷いていますが、場合によっては30分以上の遅れが出ることもあります。
  また雪が降っていなくても着陸後、誘導路が凍結しているため、非常にゆっくりとしか地上滑走ができないことがあります。飛行機は自動車と違って、スタッドレスなどの冬用のタイヤというものは装備されておりません。

  ご覧のとおりレーシングタイヤのようなシンプルな溝しかありませんが、それは凍結路では非常に慎重な操作が要求されるためです。ただ離着陸に関しては、事前に滑走路上の摩擦係数を測定し、十分に安全性を確保して行っていますので、ご心配には及びません。

  さらに出発に際しては、翼の上に積もった雪を取り除く必要があります。これは出発時刻にあわせて、皆さまのご搭乗中に作業を実施しております。散布しているのは防除氷液と言われるもので、その後雪が降り続いても、翼に積もらない効果も有しています。もちろん機体から流れ落ちるものですから環境にも十分配慮したプロピレングリコール系の成分から構成されています。
  これはある程度の粘度をもった液体なのですが、離陸に際して風を受けると一瞬で粘度が下がり、翼から流れ落ちてくれるという素晴らしい特性を持っています。ただし持続時間が限られており、離陸まで混雑等で時間を有すると、再度駐機場に戻り、再び散布しなければならないといった事態も発生することがあります。
  このように冬季運航ではいろいろな制限がありますが、私たちはプロとして事前に予測をたて準備し、慎重に操作をしていますので、どうかご信頼ください。

<<前の豆知識へ
copyright 閉じる