国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.6 東京→高松線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.6 東京→高松

ルートマップ
このたびはANA 東京−高松便をご利用いただきまして誠にありがとうございます。南アルプスや八ヶ岳など日本地図そのままの情景がお楽しみいただけます。パイロットのちょっとした「こつ」もご紹介します。



今月のご案内役 ボーイング767機長 敦澤 芳晴

  ボーイング767機長の敦澤です。このコーナーも早いものでvol.6を迎えることができました。WEB上の空の旅をお楽しみいただいているでしょうか。今月は東京―高松線をご紹介します。
ルートの見どころ - The hightlight of a route


上空から見た諏訪湖
離陸後

  飛行機は羽田空港を離陸して、東京湾上空で右旋回を続けながら、上昇をしていきます。目指すのは座間の無線標識です。旋回中はまだ低高度のため、右手に京浜工業地帯、横浜港などが鮮明にご覧いただけます。さて旋回が終了しますと、さらに上昇を続けます。通常は28000ft、約8500mが巡航高度です。横浜上空を過ぎますと、関東平野が一望できます。また離陸後10分ほどしますと、左手直下に富士山がご覧いただけます。


灌漑用のため池
巡航

  その後は左に南アルプス、右手に八ヶ岳を望み、数分後には右手に諏訪湖が見えて参ります。まさに日本地図そのままの情景です。名古屋市北部、琵琶湖を過ぎると、左手直下に、京都市街、その先には大阪平野が広がってきます。

近畿エリアを過ぎると、徐々に高度を下げ始め、姫路付近で高松方向である左に進路を変えます。右手に小豆島、さらには源平合戦で有名な屋島も天気さえよければ見えてきます。さて一般的には高松近隣において有名な地形といえば讃岐富士でしょうか?しかしながら、私どもパイロットが考えるのは灌漑用のため池の多さです。左の写真のような大型のため池が多数あります。特に東風の時、周回進入と言われる、空港を目視により把握しながら、飛行しなくてはならない場合に、飛んでいる位置を把握するのにとても参考になっています。


高松空港の滑走路
着陸へ

  さて高松空港の滑走路です。ご覧のように台地の上にあり、標高も海抜200mほどあります。そのため梅雨時などは低層に雲が発生しやすく、風向きによってはその雲が手前の崖の部分にたまったりします。ILSという着陸誘導装置は他空港と同等の性能のものが設置されていますが、他の空港に向かわざるを得ないことが年に何回か発生します。また手前に崖があるため着陸時の気流が悪いことがあります。多少揺れるかもしれませんが、飛行には影響ありませんので、ご安心ください。いよいよ着陸です。
お楽しみいただけましたでしょうか。次回は東京−大阪線の予定です。
キャプテンおすすめの情報 Captain's Recommend
高松と言えばもちろんうどんが有名ですが、そんなうどんにも合うのが鎌田醤油のだししょうゆです。空港のANA FESTAでも販売していますので、ぜひおみやげにどうぞ。
鎌田商事株式会社(電話受付時間 8:00〜17:30) 日・祝休み
TEL :0877-46-0002
住所:香川県坂出市入船町2-1-59

高松を楽しむなら「旅作」で!

高松へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>