国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.7 東京→伊丹線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.7 東京→伊丹

ルートマップ
この度はANA 東京−伊丹便をご利用いただきまして誠にありがとうございます。この路線はビジネス路線でしかもJRとの競合路線です。輸送規模ではJRとは大きな差がありますが、毎時00分発の分かりやすいダイヤで1時間おきに運航しております。



今月のご案内役 ボーイング777機長 門田 明

  ボーイング777機長の門田です。HND−OSA線はビジネス・旅行と幅広くお使いいただいている路線です。約1時間の短いフライトですが、空の旅という非日常性をお楽しみください。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸後

  さて飛行機は羽田空港を離陸して、木更津の手前、東京湾上空を旋回続けながら、横須賀を経て上昇をしていきます。通常は28000ft、約8500mが巡航高度です。途中、空域の制約から、状況によっては低高度で一時的に水平飛行をするように指示されることがあります。そのような時はシートベルト着用サインの消灯が遅れることもありますが、ご容赦下さい。
巡航

   巡航に入った後、伊豆半島、駿河湾を横切り、浜名湖上空を経て伊勢湾に向かいます。
飛行機は伊勢湾の知多半島上空を過ぎたころから、降下を開始します。


大阪伊丹空港の滑走路
着陸へ

  さて降下しながら、奈良、大阪県境の生駒山地を過ぎると、大阪の市街地上空にさしかかります。左手下には大阪城なども見えてまいります。
大阪伊丹空港は、右の写真が示すように市街地の中にあるために、利便性が高い一方、騒音の拡散防止のため、テクノジャンボの就航や夜間及び早朝(21:00-07:00)の離着陸が禁止されています。またGEAR(着陸装置のこと)を下ろすタイミングを通常より遅らせる、夜間19:00以降はReverse(逆噴射)の使用を控える、離陸経路の厳密な指定などといった騒音軽減のための運航上の取り決めもたくさんありますが、われわれパイロットはそれらを守りながら、安全運航に努めております。


昆陽池

   さて、空港の数キロ西の伊丹市に昆陽池という人工池があります。
通常、伊丹空港を離陸後の左旋回中、左下にご覧いただけますが、なんとその池の中には、日本列島の形をした島をご覧いただけます。(写真左下)こういった発見も空の旅ならでは、と思いませんか?
キャプテンおすすめの情報 Captain's Recommend
空港に近く、いろいろな職種の空港関係者から人気のお店のひとつ。
「かどや丼」がおすすめです!ツウは生卵を落とします。

かどや飯店(営業時間 18:00〜3:00) 日・祝休み
TEL :06-6853-8320
住所:大阪府池田市空港1丁目5-26

大阪を楽しむなら「旅作」で!

大阪へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>

パイロット採用情報はこちら>>

次のページへ

ページトップへ戻る