国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.25 東京→稚内線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.25 東京→稚内線

ルートマップ
本日は日本最北端の地、稚内空港へ皆様をご案内致します。本州から北海道まで縦断し日本列島の半分の景色をご覧頂ける路線です。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。



今月のご案内役 エアバス乗員 部和田 靖一

いつもANAをご利用いただきありがとうございます。
稚内空港は一年を通し風が強く、夏は霧雨、冬は風雪による「条件付就航」も多く運航環境の厳しい空港です。地上支援とのチームワークで安全運航を行っています。途中ご覧いただける「利尻富士」は私のお気に入りです。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸後
羽田空港を離陸すると東京湾上空を上昇し、東京ディズニーリゾートを左下に見ながら旅が始まります。那須岳上空を過ぎ猪苗代湖の上空にさしかかる頃、巡航高度に達します。離陸後約30分で山形市上空、右手に仙台市が見えてきます。
その後、左手に東北で2番目に高い鳥海山(標高2236m)が見えてくると盛岡市上空を通過します。しばらくすると、左手下に十和田湖(面積は日本で12位)が見えてきます。十和田湖はちょうど熊の手型(^・(ェ)・^)をしていますので、近くにある田沢湖と区別することができます。

注)ちなみに東北で一番高い山は福島県南西部に位置する燧ケ岳(ひうちがたけ)(標高2356m)です。



新千歳空港に向かう飛行機が次々と高度を下ろす中、
まだまだ旅は続きます


焼尻島、天売島
巡航
本州とお別れ
左下に岩手山を通過すると下北半島上空。いよいよ本州とお別れです。新千歳空港に向かう飛行機が次々と高度を下ろす中、まだまだ旅は続きます。離陸から1時間が経過しました。我々もそろそろ着陸の準備を始めます。新千歳空港上空を通過し、左下に札幌市街が見えてきます。いよいよ降下開始です。


利尻富士

アイヌ語に由来する地名を次々に通過
降下を始めるとまもなく左下に沖合いに浮かぶ二つ並んだ小さな島(焼尻島、天売島)が見えてきます。尻:シリはアイヌ語で島を意味します。留萌市(ルモイ:入り江)上空を通過し、さらに天塩市(テッシ:梁)上空を通過します。左下に海岸線が見えてきたらサロベツ湿原(サロベツ:湿原)です。

あっ、利尻富士が見えた!
運が良ければ左手に雄大な利尻富士(標高1721m)がご覧頂けます。 利尻は(リ/シリ:高い/島)で、礼文は(レブン:沖の)の意味です。
着陸へ
日本最北端の地へ
稚内空港は稚内市東方12kmに位置し、北側約38 kmにはロシアの空域と接しています。 天気と風向によりますが、通常は空港の北側から周回進入を行います。着陸までの時間を短縮し、効率良い運航を行います。
今回は西よりの風ですので、宗谷岬方面から着陸します。 また、風向が東よりであれば稚内市の上を旋回して着陸をします。 空港周辺にも多くの風力発電の風車が設置されています。この事からも風の強いことが分かります。


風力発電

北海道内空港名から見るアイヌ語
「稚内」(ワッカ/ナイ:飲み水/沢) 「中標津」(標津川の中流に位置し、.轡/オツ:鮭/多い所、▲轡戰帖本流の川の2つの説がある)「紋別」(モ/ベツ:静かな/川)「女満別」(メム/アン/ベツ:泉地/ある/川) 「釧路」(クシル:温泉、クシ/ル:越す/道の諸説がある)ベツやナイなど川に関係する地名が多く、アイヌの人々が川と密接であったことが分かります。
ちなみに「千歳」は、昔、鶴が多く生息したことから鶴は千年の故事にあやかって1805年に命名されたそうです。



北海道内空港


パイロットのおすすめ情報 Pilot's Recommend

《元祖たこしゃぶ》 宗谷観光物産協会(空港内売店) 稚内名物料理の『たこのシャブシャブ!!』です。
オホーツク産の新鮮なミズダコを薄くスライスしてあります。 セットになっているオリジナルの味噌ダレも各別です。

宗谷観光物産協会 全日空商事売店
営業時間:始発便〜最終便まで
住所:〒098-6642 稚内市声問6774 稚内空港内2階
TEL:0162-26-2440 FAX:0162-26-2558

稚内を楽しむなら「旅作」で!

稚内へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>