国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.26 名古屋→宮崎線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.26 名古屋→宮崎線

ルートマップ
このたびは、ANA名古屋(中部)−宮崎便をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。本日は紀伊半島・四国・九州を右手に観ながら太平洋上を飛行してまいります。冬化粧を始めた景色をどうぞお楽しみください。



今月のご案内役 副操縦士 浅岡

みなさま、こんにちは。B737-500型機副操縦士の浅岡です。 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、B737-500型機は、北は北海道・南は沖縄石垣島まで、日本全国を飛びまわっています。本日は、名古屋(中部国際)空港から、神話が数多く伝承されている「ひむかの国・宮崎」への空の旅をご案内いたします。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸前
名古屋(中部国際)空港は、日本の中央に位置し、成田、関西と並ぶ日本の玄関として伊勢湾沖に建設された海上空港です。滑走路は南北に3500m、幅60mを擁し、国内、国際線合せて1日300便近く離発着をしている空港です。宮崎空港に向けて離陸しますと、東に知多半島(はるか彼方に富士山が望めるかもしれません。)西に紀伊半島を眺めながら、伊勢湾沖を南に上昇し、約1時間25分の飛行となります。それでは、これより離陸を開始いたします。今一度、シートベルトの着用をご確認頂きまして、空の旅をごゆっくりお楽しみください。



B737-500の機材


宮崎市大淀川上空
離陸・巡航中
伊勢湾沖を南に向けて飛行してまいりました当機は、和歌山県串本市上空へと進路を西へ向け、高度34,000feet(約10,300m)まで上昇を続けております。この後、航路は足摺岬上空を通過し、日向灘を南下しながら着陸に向けて高度をゆっくりと降下してまいります。


宮崎市街地上空

好天に恵まれれば、右手からは、紀伊半島・四国・瀬戸内海・本州・九州と日本地図を見るかのような風景が広がり、冬化粧を始めた山々と残された紅葉とのコントラストが心に染み入ることでしょう。

また左手からは、雄大な太平洋と広大な空が広がっており、そこに朝日または夕日が映えた折には、その絶景に神々しさをも感じるかもしれません。
進入・着陸
宮崎空港は、非常に利便性が高く市内中心部から南に5kmの海岸線に位置しており、東西に2500mの滑走路を擁しています。日向灘を南下してまいりましたが、空港の東海上約40NM(約74Km)の位置から西に変針し、大淀川と鰐塚山地に囲まれた滑走路の延長線上を降下しながら着陸に向け、最終進入を行っていきます。空港から目線を上げますと前方に1574mの高千穂峰(たかちほのみね)と1700mの韓国岳(からくにだけ)が聳え立っており、まるで皆様を出迎えているかのような姿をご覧頂けます。


宮崎空港

また、宮崎空港・滑走路北側には独立行政法人・航空大学校のキャンパスがあり、ビーチクラフトA36型機(ボナンザ)を使用して将来のエアライン・パイロットを養成しています。宮崎空港到着後も空港ターミナルなどからパイロットの離着陸訓練風景を眺めることもできます。

本日もご搭乗、誠にありがとうございました。この後も素晴らしいご旅行をお楽しみください。



航空大学校のキャンパス


パイロットのおすすめ情報 Pilot's Recommend
《釜揚げうどん 戸隠》 うどんと言えば讃岐が有名ですが、実はここ宮崎も釜揚げうどん屋が多数軒を連ねています。 中でもここ「戸隠」は宮崎市の中心部に位置し、有名なお店です。 ここの手打ち釜揚げうどんは茹でた細麺をお湯ごと丼に上げ、少し甘めで柚子風味が効いた醤油ベースのつけ汁でいただきます。

住所:宮崎県宮崎市中央通7-10
電話:0985-26-2872
営業時間:18:00〜翌2:00
休日(日)(祝)

宮崎を楽しむなら「旅作」で!

宮崎へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>