国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.33 東京→沖縄線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.33 東京→沖縄線

ルートマップ
このたびはANA東京-沖縄便をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この路線は東京からの国内線でもっとも長く、飛行時間、約2時間30分。距離にして約1600km。 ほとんど太平洋上の飛行になりますが、その中でもいくつかの見所をご紹介させて頂きますので存分にお楽しみください。



今月のご案内役 ボーイング747−400 副操縦士 野田英樹

ボーイング747−400(通称ジャンボ)副操縦士の野田英樹です。 じめじめした梅雨がやってきて、傘が手放せない季節になりましたね。 去年の梅雨時期、急に雨が降り出したので、あわてて買った傘が苺柄のかわいい傘だったのを思い出します。

本日はANAにご搭乗いただき、誠にありがとうございます。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸後
東京からの離陸は東京タワー方面(北向き)と横浜方面(南向き)への2種類あり、どちらも離陸後は三浦半島に向けて飛行します。 特に北向きは離陸後すぐに約30度の旋回角で旋回し針路を南に向けますので、30秒ほどで現在建設中の羽田沖滑走路を右側に見ることが出来ます。 また羽田空港の周辺には他の離陸機や着陸機がラジコン飛行機のように見えますので天気の良い日などは探してみてください。
巡航
三浦半島の南端を通過した後、焼津に直行します。 右側に鎌倉、江ノ島、熱海を見ながら飛行すること約15分、富士山を視界に捕らえることが出来ます。 何度見ても富士山は心が安らぎます。その後は洋上の飛行になるので景色を見ることがなかなか出来ません。 しかし1時間ほどすると右側に種子島、世界遺産屋久島の付近を通過します。 特に屋久島に低い雲がある時、飛行機から見ると空に浮かぶ島のように見える事があり、とても幻想的です。 その後は奄美大島、沖永良部島付近を通過し沖縄本島へ向かいます。
奄美大島付近にハートの形をした島「宝島」があります。 運航乗務員の間では「宝島」を見ることが出来れば幸せになれるという逸話があります。 その真偽は定かではないのですが、その付近を通過する時、なぜか客室乗務員も血眼になってその島を探しています。

奄美大島

沖縄諸島
ところで世界中の上空には航空路と呼ばれる空の道が網の目のように設定されています。 東京―沖縄路線では台風等の影響がない場合、航空路「Y52」経由して沖縄に向かいます。「Y52」とは航空路の名前です。
航空路にも道路と同じようにそれぞれに名前があり、アルファベットと数字の組み合わせによって決められています。 また西行きか東行きかによって分けられる一方通行もあります。
空港周辺には高度と範囲によって決められた速度制限もあります。 ちなみに羽田空港周辺では3000ft(約1000m)以下、200kt(約380km/h)、10000ft(約3000m)以下、250kt(450km/h)等です。
着陸へ
那覇空港への着陸は2種類のコースがあります。 沖縄本島の東側を経由して南側から着陸するルートと西側を経由して北から着陸するルートです。 主にこの時期は西側を経由するルートなので恩納村、残波岬、北谷等を左側に見ることが出来ます。 海岸線にはホテルも多いのでお泊りになるホテルが見えるかもしれません。
また他の空港にはない進入方法(着陸の前段階)をとっているため高度1000ft(約300m)で海上を5分ほど飛行します。 この高度だと肉眼で小型船を視認することができます。
航空機の速度を目で感じることができるので、機会があったら着陸前に海上の小型船を探してみてください。

残波岬
話は変わりますが、沖縄では獅子のことをシーサーと呼ぶそうです。
口の開いたシーサーは雄で福を呼び込み、口の閉じた雌は幸せを逃がさない。 一般的に、向かって右側が雄で、左側が雌と決まった置き方があるそうです。
そのルーツはエジプトのスフィンクスの像がその起源であるという説があり、シルクロードを経由して15〜16世紀に伝わったとされています。
現代では飛行機で9〜10時間ほどでエジプトまで行くことが出来ますが、当時は何十年もかけ、 何千キロの距離を隔てて陸路、海路を経由してスフィンクスがシーサーとして伝わった事を考えると、神秘的なものを感じますね。

私も一生のうちに一度は陸路でシルクロードを旅してみたいと思っています。

那覇空港
パイロットのおすすめ情報
本貫花(むとぅぬちばな) 旅行に行くとどうしても財布の紐がゆるくなってしまいがちですよね。 旅行中、私は一日一食くらいは節約しようと思っています。お勧めは、公園などで販売している手作り弁当です。 モノレール壺川駅周辺では、なんと300円!またコンビニエンスストアーにある沖縄限定のポーク卵のおにぎりもお勧めです。
ランチョンミートと卵と海苔が抜群の相性。ソーメンチャンプルもあります。簡単に沖縄おばあの味が楽しめます。 また那覇空港のスタッフがおすすめの、氷あずきのような「沖縄ぜんざい」や伝統和菓子の「本貫花(むとぅぬちばな)」で、 いつもと違う昔ながらの沖縄の味も楽しめます。
皆様も沖縄の味を探してみませんか?
菓匠 寿久庵
ターミナル2F出発ロビー
TEL 098-840-1200   営業時間 06:30〜20:30
沖縄を楽しむなら「旅作」で!

沖縄へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>