国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.39 新潟→大阪(伊丹)線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.39 新潟→大阪(伊丹)線

ルートマップ
このたびは、ANA新潟-伊丹便をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

この路線では、たくさんの山々、湖等を見ることができ、わたくしが好きな路線の一つです。



今月のご案内役 DHC8-400副操縦士 大井 聖也

エアーニッポンネットワーク、DHC8-400(ダッシュエイト400、通称Q400)型機、副操縦士の大井です。
この飛行機は主翼が胴体の上についており、窓際ならどの席に座っても眼下を見下ろせる機体で、地上の景色を楽しむのに適した機体です。
※2010年10月1日エアーニッポンネットワークはエアーネクスト、エアーセントラルと
合併し社名が「ANAウイングス株式会社」に変更となる予定です。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
新潟空港にて
新潟空港の展望台から見たQ400。新潟のように雪多い地域では滑走路の標識を見やすくする為、黄色を使用している空港があります(標準は白)。
ロシアからも就航しており、珍しい型の飛行機を見ることもできます。自衛隊の救難機が飛んでいたり、小型の訓練機が訓練飛行をしたりしていることもあります。

Q400

佐渡ヶ島
離陸後
新潟空港を離陸して1〜2分ほどで、右下に佐渡ヶ島が見えてきます。
巡航中
新潟−伊丹便の標準巡航高度は22,000フィート(約6,600m)です。 巡行に入って間もなくすると、右には妙高山、左には浅間山が見えてきます。 この時期は雪もあり、山々、スキー場ともとてもきれいです。 スキー好きのわたくしにはたまりません…。 天気が良い日には、富士山の手前に浅間山が重なって見えることもあります。飛行機ならではの景色をお楽しみください。

その後は松本空港の真上を通り、右に北アルプス、左に南アルプスや諏訪湖等を見ながら名古屋方面へと向かっていきます。
また、この高度に雲などがあって揺れる日は、低い高度を飛ぶ場合もあり、さらにダイナミックな山々を御覧になれる日もあります。

雪化粧をした山々。この時期は特にきれいです。

名古屋、セントレア空港
降下〜着陸
名古屋にさしかかるにつれ、徐々に高度を降ろしていきます。名古屋、セントレア空港が見えてきました。

奈良盆地、生駒山地の上空を経由し大阪に着陸します。大阪は街の上を降下していく為、着陸間際まで見所満載です。 左には梅田、難波の街や大阪城、右には京都等が見えます。よく見ると太陽の塔も見えますので今度探してみてください。
パイロットのおすすめ情報
俵型がめずらしい「喜八洲総本舗」のみたらし団子は、オーダーが入ってからその場で焼いてくれます。

焼き上がりを待つ間、ガラスの向こうの鍛練されたお姉さんの技術にしばしほれぼれ。
大阪乗員室女性スタッフお勧めの一品です。
大阪を楽しむなら「旅作」で!

大阪へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



喜八洲総本舗 大阪(伊丹)空港店
大阪伊丹空港中央ターミナル南2階
TEL:06-6856-6661 / 営業時間:7:15〜19:30 / 定休日:年中無休
ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>