国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

トップへ戻る

CaptainからのRoute Information パイロットしか知らない、空の旅の見どころを航路毎に紹介いたします。vol.41 大阪(伊丹)→仙台線
ルートの見どころ - The highlight of a route 出発から到着まで - From departure to arrival フライト豆知識 - Flight knowledge
※掲載されている写真は、同乗スタッフが撮影したものです。
vol.41 大阪(伊丹)→仙台線

ルートマップ
このたびは、ANA大阪(伊丹)−仙台便をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。 今回の路線は伊丹空港を離陸して仙台の見どころをご案内いたします。



今月のご案内役 ボーイング767機長 宮田 栄治

こんにちは。ボーイング767機長の宮田です。
これまで何度も飛んだ大阪(伊丹)−仙台線ですが、毎回違う気象状況の中で新しい発見、新しい体験もあり、 空を飛ぶということは私たちを毎回新鮮な気持ちにしてくれます。今日はどんな新しい発見があるのか、 そんなワクワクした気持ちを少しでも皆様に体験していただければと思います。 それでは東北最大の都市 仙台まで1時間10分の空の旅、どうぞお楽しみください。
ルートの見どころ - The hightlight of a route
離陸
東京、北海道、東北方面へ出発する飛行機は、大阪(伊丹)空港を離陸すると、眼下に豊中市内を見ながら左旋回し、 一路進路を東にとり、名古屋方面に向かいます。離陸後6〜7分ほどで左側に京都の町並みが見えてきます。

まだ上昇中ですが低高度ということもあり、まさに碁盤の目をした京都町並みからは、 京都御所や二条城など大きな目印なる名所旧跡などを探すことも難しくありません。 季節や天候によっては、紅葉の嵐山や鞍馬山などもご覧になれます。

是非上空からの京都もお楽しみください。

京都

琵琶湖
巡航
京都を通過すると、まもなく同じ左側に琵琶湖が見えてきます。 琵琶湖にかかる2つの大きな橋は、手前が「近江大橋」、向こう側が「琵琶湖大橋」で、 京都府と滋賀県にまたがる「比叡山」もご覧いただけます。(写真は近江大橋を示しています。)

飛行機はこのあたりから、東京方面はそのまま東に、北海道・東北日本海方面は北東に、 東北太平洋方面は東北東に進路をとり、目的地に向かって飛行を続けます。
飛行機はなおも巡航高度37,000フィートに向かって上昇を続けます。



巡航高度37000フィートからの富士山の光景です。
あいにく撮影当日 東日本は雲が多く、富士山も雲の間から顔をのぞかせる程度ですが、 天候が良ければ、伊豆半島から関東平野まできれいにご覧いただけます。

夜間飛行の際にも、東京の夜景が非常によく目立ちますので、 「翼の大国」の最後の地図を見ながら窓の外を見ていただければ、 大まかな位置はお分かりいただけるのではないでしょうか…。

富士山



猪苗代湖
降下
飛行機は仙台空港に向けて降下を開始しています。
ちょうど真下には福島県猪苗代湖が見えてきました。 野口英世の生まれた場所としても有名ですが、左手には会津若松市、右手には郡山市などがご覧いただけます。
比較的高度も低いことから、目を凝らせば会津若松城(通称:鶴ケ城)も見えてきます。

飛行機はあと15分ほどで仙台空港に着陸いたします。



着陸
飛行機は最終進入のための準備にはいりました。
遠くに見えているのは松島です。空港からは約20km北側にありますが、きれいにご覧いただけます。
松島には航空自衛隊松島基地があり、ここはブルーインパルスの所属基地でもあることから、稀に曲技飛行の練習が見えることもあります。

まもなく着陸です。杜の都 仙台へようこそ!

松島
パイロットのおすすめ情報
仙台は牛たんが有名ですが、その中でもお勧めは「利久」です。仙台市内に19店舗、その他宮城県内に4店舗のネットワークを持ち、最近は東京・池袋にも進出しました。
「利久」の牛たんは厚みがあり、しかも柔らかい、非常にジューシーな牛たんで食べ応え十分です。
空港からのアクセスが便利な「牛たん炭焼 利久 仙台駅店」は、仙台駅中央の吹き抜けコンコースを登って左に曲がり、更に新幹線中央口を抜けた“牛たん通り”の中にあります。
仙台のお土産話に、是非お召し上がり下さい。
仙台を楽しむなら「旅作」で!

仙台へのご旅行は、フライト・ホテルが自由に組み合わせられる「旅作」をオススメします!



牛たん炭焼 利久 仙台駅店
宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅3F牛たん通り
TEL:022-214-3255/営業時間:10:00〜22:30(L.O.22:00)
ANAの旅作 新しい旅行スタイル
国内旅作についての詳細はこちら>>