North America

ANA - North America

Inspiration of JAPAN

ペットをお連れのお客様へ【国際線】

ANAでは家族の一員である大切なペットと一緒の旅をサポートいたします。

ペットをお連れのお客様へのサービスについて

ANAでは家族の一員である大切なペットと一緒の旅をサポートいたします。 ※ ペットのみを輸送(別送)する場合は、取り扱いが異なります。詳細は、お預けになった空港の貨物窓口までお問い合わせください。

  • ※ANA運航便における取扱いです。コードシェアにおいては、各運航航空会社へお問合わせください。
  • 各種ご案内
  • お預かりの流れ
  • よくあるご質問
ご確認ください

ペットをお預けになる前に予めこちらをご確認下さい。

どんな動物が預けられるの?
犬、猫、小鳥などがお預かりできます。そのほか、うさぎ、ハムスター、フェレットなどの小動物もお預かりできます。
なお、毎年7月1日~9月30日の間、ブルドッグなどの短頭犬種はお預かりできません。詳細はこちら
預ける前に準備しておくことはありますか?
お客様のペットをお預かりした後は、えさの補給ができませんので、預ける前までにお済ませください。
ペットを預ける時に何か必要な書類はありますか?
「同意書」にご署名をいただき、目的地までお預かりいたします。
ペットを預ける場合、搭乗手続きの締切時間は?
ご予約便出発120分前までを目安にお早めにお越しいただき、手続きをお済ませください。
空港カウンターで預けた後はどのようにして運ばれるの?
出発間際まで、可能な限り空調の効いた場所にてお預かりしています。その後、係員が車両などで航空機までお運びします。なお、航空機への搬送、搭載、取り降ろしなどは屋外で行われているため、夏場・冬場ともに外気温の影響を受け、温度・湿度において大きな変化が生じます。
預けたペットは飛行機のどこに搭載されるの?
貨物室(バルクカーゴルーム)に搭載されます。貨物室は空調機能にて管理しておりますが、外気温の影響等により客室と異なる環境となる場合がございます。
チェックインするときは特別なカウンターがあるのですか?また、到着後はどこで返してもらえるのですか?
チェックインは通常のチェックインカウンターにて承ります。ただし、出発空港にて、検疫検査を受けられる方は、検査をお済ませのうえ、カウンターにお越しください。到着時は、手荷物受取エリアにて係員がお運びしてお客様のもとへ直接お返しいたします。
目が不自由なので盲導犬を連れて行きたいのですが、機内には一緒に入れますか?
障がいのあるお客様1名様に対して1匹無料で機内にお連れいただけます。ご予約の際に必ずお申し出ください。
乗り継ぎ便がある場合は、最終目的地で引き取ることになりますか?
入国時の検疫検査の対象となりますので到着地でお受け取りいただきます。輸入手続きは各国法令、検疫制度によって異なりますので渡航先の領事館等にご確認ください。

ページトップへ戻る