ANA SKY WEB - North AmericaNorth America

お手荷物について

機内でのご注意

・電子機器の使用について

◆2007年10月1日から国土交通省告示改正により「使用制限対象電子機器」の一部が 変更になりました。航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのあるものとして、国土交通省が 告示で定めた電子機器は以下のとおりです。
違反した場合、法令により50万円以下の罰金が科せられることがあります。

機内で常時使用
できない機器(※1)
以下のうち、作動時に電波を発信する状態にあるもの
携帯電話・PHS・トランシーバー・無線操縦玩具・ワイヤレスヘッドホン・ワイヤレスイヤホン・ワイヤレスマイク・電池内蔵ICタグ・パーソナルコンピュータ・携帯情報端末・ワイヤレスのPC周辺機器・電子ゲーム機・無線通信機能付歩数計・無線通信機能付心拍測定計・無線通信機能付腕時計・無線式キー
離着陸時に使用
できない機器(※2)
上記機器のうち作動時に電波を発信しない状態(設定)にあるもの*・テレビ・ラジオ・ポケットベル・GPS受信機・ビデオカメラ・ビデオプレーヤー・DVDプレーヤー・デジタルカメラ・デジタルオーディオ機器・有線かつ電池式ヘッドホン・有線かつ電池式イヤホン ・ワードプロセッサー・電子手帳・電子辞書・プリンター・充電器・愛玩用おもちゃ“電子ペット”(音声または接触に感応してスピーカー及びモーターが作動するものに限る。)
* 電波を発信しない状態(設定)とは、電源をONにしていても通話やメールの送受信機能がOFFになっている状態を指します。
*1 上記以外の電子機器でも別途当社の定めにより使用を制限させて頂いている機器があります。
*2 離陸時:ご搭乗から離陸後のベルトサイン消灯、あるいは電子機器使用禁止解除のアナウンスまで
着陸時:着陸前の電子機器使用禁止のアナウンスから降機まで

携帯電話やPHSなどは、電源を入れた際自動的に自分の位置を地上局に伝えるために通信用の電波を発信します。この電波は航空機の計器に障害を与える恐れがありますので、必ず電源はご搭乗前にお切りになり、降機するまでそのままの状態でお過ごしください。機内での電子機器の使用は地上滞在時も含め制限されています。
 
航空機内における電子機器の使用は、法律により禁止されています。

・禁煙のお願いと火気使用について

化粧室内を含む全席での喫煙および火気使用は、火災につながる恐れがありますので堅くお断りいたします。
感知機が作動した場合、引き返しや近くの空港への緊急着陸などの重大な事態に至ることもあります。

無煙タバコや、電子タバコ等の火を使わない喫煙器具も他のお客様への快適性を損ねる恐れがある為、ANAグループでは機内での使用をお断りしています。


A STAR ALLIANCE MEMBER