• カテゴリーから探す
  • 掲載日から探す
    2015年 00月
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      年月で検索する
      検索
      最近6カ月の記事一覧
      CSR
      2016年 2月 15日
      子どもたちにワクワクドキドキを!ミャンマーの小学校におもちゃを寄贈

      “ミャンマーの小学校に知識と好奇心を届けよう!”-『BOOK&TOY Library100』は、ミャンマーの小学校に本やおもちゃを届けるプロジェクト。「東京おもちゃ美術館」と「認定NPO法人ブリッジ・エーシア・ジャパン」が取り組むこのプロジェクトに、ANAグループも参画しています。

      ミャンマーは親日国といわれます。東日本大震災の際には、人口比率で世界トップレベルの寄付金が寄せられるほど。一方、農村部は電気が通っていない貧しい地域も少なくなく、わら半紙の教科書以外、本に触れたことがない子供たちもたくさんいるそうです。

      そんな農村部の子供たちにも、色鮮やかな写真やイラストで想像力を豊かにしてくれる本や、達成感を育ててくれるおもちゃを届けたい・・・ミャンマー・日本間の唯一の直行便を就航し、架け橋を担う私たちからも、宮城県・南三陸町の「ANAこころの森」の間伐材で作ったANAオリジナルの「九路盤の囲碁セット」と「輪投げセット」をプレゼントすることに。

      1月26日、ミャンマーのヤンゴン郊外にあるエーイェッター寺子屋小学校で行われた寄贈式。
      約250冊の絵本と、約20点のおもちゃが詰まったミニライブラリーに子供たちは興味津々!初めて見る日本古来の伝統的なおもちゃを、不思議そうに眺めていました。

      プロの囲碁棋士のレクチャーを受け、おもちゃの専門家が遊んでみせると、子供たち全員はもう無我夢中!目を輝かせ、満面の笑顔で歓声をあげて遊ぶ子供たち・・・時が経つのも忘れるほどです。

      プロジェクトではこれを皮切りに、ミャンマーの100の小学校に3年かけて、本とおもちゃを届けていきます。夢を持って未来を切り拓いていく子どもたち。ANAグループは、これからもずっと応援していきます!