• カテゴリーから探す
  • 掲載日から探す
    2015年 00月
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      年月で検索する
      検索
      最近6カ月の記事一覧
      GO FOR 2020
      2018年2月8日
      日本初!発達障がいのあるお子様向けの体験搭乗プログラムを開催しました!

      1月14日に、ANAグループは成田国際空港株式会社(NAA)と共同で、発達障がいのあるお子様向けに、実際の空港・飛行機を使用した「体験搭乗プログラム」を、成田空港で開催しました。

      これは、一般社団法人 日本発達障害ネットワーク(JDDnet)監修・協力のもと実現した、日本初の取り組みです。

      当日は17家族、54名のお子様とご家族にご参加いただきました。

      「発達障害」は見た目には分からない障がいであり、予想外のことが発生したときにパニックに陥ることもあるため、飛行機の特殊な環境のもとでの旅行を諦めてしまう実態もあるそう。

      今回ご用意したプログラムは、空港での搭乗手続き、保安検査、機内への搭乗・着席、トーイング車による地上走行といった、飛行機を利用する一連の流れを体験するもの。

      発達障がいのあるお子様は、空港の雰囲気や環境、機内の空間や匂い・音、シートベルトの着用などに、とても不安を感じるといいます。

      成田空港で働くグランドスタッフが、搭乗手続きや保安検査場での検査方法、搭乗の順番などについて丁寧に説明しました。

      搭乗前には、機内でスムーズにシートベルトを着用できるよう、客室乗務員と一緒にベルトの着脱の練習。

      また、搭乗口前の待合室には、NAAが「コージールーム」を設置し、お子様が安心してプログラムに参加できるように工夫をしました。

      1時間半ほどの体験を終え、飛行機をお降りの際には、お子様と客室乗務員がハイタッチ!

      到着口まで移動するバスを、クルー一同でお見送りしました。

      プログラム最後には、閉会式を実施し、お子様一人ずつに修了証をお渡し。お子様やご家族の笑顔が印象的で、スタッフも心あたたまる1日となりました。

      さらにプログラム終了後には、NAAとグランドハンドリングスタッフによる空港見学会も開催。

      お子様だけでなく、障がいのある方やご家族に、飛行機でのご旅行を少しでも身近に感じていただき、色々なところに出かけるきっかけづくりをお手伝いしていきます。

      ANAグループでは今後も関係各所と協力をし、ソフト・ハード両面からユニバーサルなサービスを推進して、すべてのお客様が安心してご利用いただけるよう努めて参ります。