• カテゴリーから探す
  • 掲載日から探す
    2015年 00月
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      年月で検索する
      検索
      最近6カ月の記事一覧
      GO FOR 2020
      2018年4月13日
      福岡空港でユニバーサルセミナー<車いす編>を開催!

      車いすをご利用になるお客様に、更に寄り添ったサポートやおもてなしを提供していく事を目指し、福岡空港で働く社員を対象にユニバーサルセミナーを開催しました。

      今回のアドバイザーはANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社 Universal Standard Survey事業部の皆さん。同事業部では、障がいのある方をはじめとする様々な人々が、社会生活に不自由を感じることのない環境づくりを目指したコンサルティング事業を展開しています。

      セミナーでは、ご自身が車いす使用者でもある富田さんのアドバイスを受けながら、車いすの操作体験や、空港で貸出しをしている車いすへの乗り換え時のサポート方法について知識を深めました。「下肢に麻痺がある人の介助をする際は、『レッグサポート』の重要性を理解して案内することが大切です。」という説明と共に、実際の操作を確認。

      レッグサポートとは、足が後ろに落ちないように支える、ふくらはぎ付近にあるベルト状の部品です。レッグサポートをしていないと、本人が気づかないうちに、足置きであるフットサポートから足が落ちてしまい、怪我をしてしまうこともあるそうです。

      セミナー終盤、参加者から挙がった「車いすを利用するお客様には、どのようにお声掛けするのが良いか?」という質問には「障がいの有無に関わらず、お客様のニーズは人それぞれ。構える必要はなく、自然に声掛けができると良いと思います。」とのお話がありました。

      セミナーを終え、受講者からは「様々なアドバイスをもらいながら、車いすの操作体験や意見交換ができ、多くの気づきが得られた。」「この経験をサービスに活かし、皆様に安心して飛行機にご搭乗頂けるようにしていきたい。」との声が聞かれました。

      今後もANAグループでは、すべてのお客様が不安やストレスなく、より快適に飛行機をご利用頂けるように社員教育や啓発を行い、更なる「ユニバーサルなサービス」の強化と、誰もが暮らしやすい共生社会の実現に向けて取り組んで参ります。

      ANAグループのユニバーサルへの取り組みはこちらからご覧ください。
      https://www.ana.co.jp/ana_news/search/?universal