CSR
2018年8月3日
ANAホールディングスは、三重県と北海道をつなぐ翼を目指します

2018年は「北海道」と命名されてから150周年!

そして、北海道の名付け親とされる三重県出身の探検家の「松浦 武四郎」の生誕から200周年を迎える、記念すべき年でもあります。

この縁をきっかけとして、7月25日に、北海道庁にて北海道の高橋 はるみ知事、三重県の鈴木 英敬知事が共同記者会見を開き、互いの観光を盛り上げていくことを発表しました。

会見には、ANA中部支社長の丹治 康夫と、北海道支社長の新川 新一も同席。
北海道と三重県の相互送客について協力していきます。

ANAホールディングスは、2015年11月に三重県と、2016年12月に北海道と包括連携協定を締結。地域創生にむけた連携の取り組みの一環として魅力ある情報発信に努め、引き続き応援してまいります。