GO FOR 2020
2019年3月15日
発達障がいのある方も飛行機に乗れるように。~体験搭乗プログラムを成田空港で開催しました!~

2019年1月、ANAグループは成田国際空港株式会社(NAA)と共同で、発達障がいのある方を対象に「体験搭乗プログラム」を開催。

昨年実施した日本初の取り組みに続き、一般社団法人 日本発達障害ネットワーク監修・協力のもと2回目の開催となります。昨年はお子様向けプログラムとして実施しましたが、今回は5歳から48歳までの発達障がいの当事者とそのご家族、総勢43名が参加しました。

「発達障害」は見た目には分からない障がいです。予想外のことが発生した際パニックに陥るなどの症状が出る障がいのため、普段の生活とは違う、飛行機の特殊な環境を心配して旅行を諦めてしまう方もいらっしゃいます。

そこで、事前に空港や飛行機を体験していただき、今後飛行機を利用するきっかけになれば、との思いからこのプログラムを企画しました。

プログラムでは「搭乗手続き」「保安検査」「機内への搭乗」「着席」「降機」の一連の流れを体験します。初めに、空港のインフォメーションカウンターを訪れ、「トイレの場所はどこですか?」「搭乗手続きをするカウンターはどこですか?」などの質問を実施。

続いて、搭乗手続きカウンターで搭乗券を受け取り、保安検査場へ。参加者の皆さんは実際の搭乗券を手にして、ワクワクとした表情に。成田空港で働くグランドスタッフが、視覚的にわかりやすい紙芝居を作成し、搭乗手続き方法や保安検査場で「どのような検査を行うのか」についてしっかりご説明しました。

保安検査を終えると搭乗口へ進み、いよいよ実際に飛行機に搭乗!

座席に着席した後は、客室乗務員によるドリンクサービスが。今回のプログラム用に手作りで作成したドリンクメニューカードから、好きな飲み物を選んでいただきました。機長からは「飛行機はちょっとだけドキドキするかもしれませんが、快適でわくわくする乗り物です。」とのアナウンスも。最後は皆さん笑顔で飛行機から降機しました。

2時間ほどの体験を終え、プログラム閉会式では、参加した皆さん一人ずつに修了証が手渡されました。「ぜひ飛行機に乗って旅をしてみたい!」と、嬉しいお声も頂きました。

今後もANAグループは、障がいのある方やご家族に、飛行機でのご旅行を少しでも身近に感じていただき、「あんしん、あったか、あかるく元気!で、すべての人にやさしい空」の実現を目指して参ります!