サービス
2019年6月11日
伊丹・福岡・那覇空港 隈研吾氏監修のANA国内線ラウンジがリニューアルオープン

2019年2月、伊丹空港・福岡空港・那覇空港の国内線ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」が続々とリニューアルオープンしました!

コンセプトは、「一期、一会」。
日本を代表する世界的な建築家・隈研吾氏監修のもと、各地域の特徴や魅力をお客様に体感していただけるようなラウンジに生まれ変わりました。

伊丹空港は、「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」がリニューアル。

福岡空港では新たに「ANA SUITE LOUNGE」がオープンすると共に「ANA LOUNGE」をリニューアル!さらに保安検査場・ラウンジと直結する室内型のチェックインカウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」が新設。

那覇空港は、「ANA SUITE LOUNGE」がリニューアル。

3空港共に、ラウンジ内の大テーブルには栓の板を積み上げたシェル型のディスプレイを設置し、地域性が感じられる工芸品を展示しています。

伊丹空港では大阪の「ガラス」、福岡空港では福岡の「高取焼(たかとりやき)」、那覇空港では沖縄の「琉球漆器」が飾られています。

また「ANA SUITE LOUNGE」では、おにぎりやお味噌汁などの軽食に加えて、それぞれの地域にゆかりのある食材を活かした茶菓や郷土料理をお楽しみいただけます。

今回のリニューアルにより、伊丹空港と福岡空港においては、滑走路や駐機中の飛行機が大きな窓から見渡せるようになり、これまで以上に開放的なラウンジになりました。

また全てのラウンジで座席数が増えたことで、ゆったりした空間となり、ラウンジ全体も明るくなりました。

短時間の滞在でラウンジを出られる方、長時間をラウンジで過ごされる方など、様々な過ごし方に対応した新しい多様性のあるラウンジ空間をデザインしました。

ご搭乗までのひとときを快適におくつろぎいただけるよう、これからもANAならではの特別な空間を創っていきます。

ご利用条件の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/share/reference/search_lounge.html