ANA

国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

国内旅行  >  行き先から探す  >  北海道旅行  >  道東・中標津エリアへ  >  2015夏秋号  > 自然

絶景の歩き方

北海道のフットパスの草分け、5人の酪農家による「根室フットパス」

イギリスを発祥とする「フットパス」。森や街並など、その地域に昔からある、ありのままの風景を楽しみながら歩く道のことを指す。北海道内各地でもフットパスが整備されてきているが、2000年頃から整備が始まり、北海道のフットパスの創成期を作り上げたルートのひとつが「根室フットパス」だ。
「当初は、酪農をもっと知ってもらいたい、という思いからスタートしたと聞いています」と教えてくれたのは、「根室フットパス」事務局スタッフの森 利博さん。地元の酪農家5人が集まり、それぞれの頭文字等を冠して「酪農家集団AB-MOBIT(エービーモビット)」として、フットパス構想を現実のものにすべく、試行錯誤を重ねた。ワークショップを開催し、学生や地元住民の意見を聞きながら、一緒に看板を作り、道の整備も行った。さらに、ひとつのつながったルートを作るとなると、自社牧場の敷地だけの問題ではない。国有林の通行を可能にし、土地の所有者に許可を取り、開通までに3年かかったという。「立ち上げメンバーの苦労は多かったようですが、この美しい牧場の風景や自然を知ってもらうことが、酪農家とこの地域の未来にもつながるという思いは、現在のスタッフにも引き継がれています」。

根室フットパス 落石シーサイドウェイ ロングトレイル「北根室ランチウェイ」 縄文フットパスツアー 夏編

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

別海町観光船コース

別海町観光船 乗船写真

フットパスの途中には、要所要所に道案内があるので、見逃さないようにしよう。また、夏場は虫除けなどを用意し、万が一の熊出没などにも注意。初めは特に、複数人で歩くのがおすすめだ。
関連情報

もの思いにふける丘写真

もの思いにふける丘写真

もの思いにふける丘写真

「厚床パス」にある伊藤牧場内の牧草地、名付けて「もの思いにふける丘」。林を抜け、丘の頂上にのぼると、えも言われぬ感動が。天候によっては、風蓮湖を望むこともできる。ほか、牧場の中、レストランなどもある魅力的なコース。
「好きなところを好きなように歩くのがフットパス」という森 利博さん。もともとはカメラマンだが、酪農家たちの熱意にふれ、いつのまにか(笑)事務局スタッフになったそう。

森 利博さん写真

丘を越え林を抜けて、現れる絶景 ゆっくり歩けばこそ、発見もある

「根室フットパス」は、「厚床(あっとこ)パス」、「初田牛(はったうし)パス」、「別当賀(べっとが)パス」の3ルートから構成される。起点であるJR厚床駅前の店舗や事務局を務める伊藤牧場でマップを購入(税込200円)し、特に受付などの手続きもなく、ただ思い思いに歩く。約10kmの「厚床パス」は、連続するなだらかな丘の風景から「ヨーロッパ的」とも評される広大な伊藤牧場や、レストラン、廃線となった標津線跡など見どころいっぱいのコース。風景を楽しみながらゆっくり歩けば、折々の花や小動物、自然の表情など、地図にも載っていない思わぬ発見もできるはずだ。 「必ずしも、ルート全部を歩く必要はないんです。気に入った場所だけ歩いたり、座って景色を眺めたり、休憩したり。フットパスは、スピードを競ったり、制覇することが目的ではありませんから」。
のんびりと、気の向くままにその地に身を置く。なんという贅沢な時間。自然、そして地域の人たちが拓いてきた美しい風景を、歩くことで味わってみよう。

根室フットパス

■所在地:根室市明郷101(事務局:明郷 伊藤☆牧場)
■TEL:0153-26-2181
■受付時間:9:30〜17:00
■料金:マップ代200円(税込)
※「別当賀パス」通行の際は、専用のカギが必要な場所があるため受付手続きが必要
■URL:http://www.nemuro-footpath.com/
■根室中標津空港から車で約60分/47km

こちらもおススメ

落石シーサイドウェイ写真

落石岬灯台

落石の住民有志により「地域資源を生かしたい」という思いから整備された。「日本の灯台50選」に選ばれている落石岬灯台や、断崖から見晴らす海、ユルリ・モユルリ島など、ここでしか見られない景観も多数!

落石シーサイドウェイ

美しい海と断崖風景が続く根室市の落石地区。古くから海とともに生きてきたこのエリアで、2009年から整備、開放されたのがフットパス「落石シーサイドウェイ」だ。JR落石駅から海岸や岬、港町の集落をめぐる2つのルートを持つ「浜松パス」、落石漁港や落石岬灯台をめぐる「おちいし岬パス」の2コースがある。夏の期間、ルート上の草原や湿原には道指定天然記念物のサカイツツジや北方系植物、高山植物が季節ごとに咲き、野草ファンも多く訪れる。また、季節ごとの漁の風景が見られたり、ドラマのロケ地なども点在したりと、見どころも多い。潮風が心地いいこの季節、ぜひマップ片手に歩いてみよう。

■所在地:根室市落石西395-2先埋立地(事務局:落石漁業協同組合)
■TEL:0153-27-2121
■受付時間:9:00〜17:00
■料金:マップ代200円(税込)
※落石漁協、根室観光インフォメーションセンター(根室駅前)ほかで入手可能
■URL:http://www.nemuro-footpath.com/ochiishi/
■根室中標津空港から車で約110分/80km

ロングトレイル「北根室ランチウェイ」写真

ロングトレイル「北根室ランチウェイ」写真

コースを完歩するなら2泊3日程度。レストランや簡易宿泊所もあり。日帰りなら、片道レンタカーやタクシー等を組み合わせた計画もおすすめ。
関連情報

ロングトレイル「北根室ランチウェイ」

全長71.4km。ロングトレイルと呼ばれる長距離自然道。ランチ(牧場)ウェイ(道)というだけあって、のどかな牧場風景を眺めながら歩くことができるコースだ。約10〜15kmの6つのステージに分けられているので、時間や体力に合わせて好みのルートだけを歩くのもいい。独特のかたちをしたモアン山を眺める「モアンコース」では、2015年6月から、酪農上の都合で夏期はこれまで通行できなかった牧場の外側が整備され、通り抜けられるようになったのもうれしいニュース。

■ルート:中標津町交通センター(標津郡中標津町東2条南3丁目)〜
JR美留和駅(川上郡弟子屈町美留和)
■問合せ・同行ガイド依頼:
北根室ランチウェイ事務局 TEL 0153-73-7151、
TEL 0153-73-7107(佐伯)
北海道ウォーキングネットワーク TEL 015-482-1602
■URL:http://www.kiraway.net/
■根室中標津空港から車で約10分/4.6km(中標津町交通センター)

縄文フットパスツアー写真

縄文フットパスツアー写真

野性味あふれる、開拓以前に北海道に暮らした人々の伝統的生活空間を巡る。遺跡で人々が暮らしていた時代に、交通路として使った川をカヌーで移動するツアーもあり。

4縄文フットパスツアー 夏編

縄文時代以降、1万年も続いた人々の営みの跡が残る「伊茶仁カリカリウス遺跡」。その遺跡を擁する「標津町ポー川史跡自然公園」での夏の人気ツアー。遺跡のほか、人々の営みを支えた多種多様な動植物が暮らす豊かな自然環境も見られる。標高4mの場所で多様な高山植物を観察できる標津湿原、遺跡周辺に自生する山野草、復元竪穴住居内のヒカリゴケ、樹齢500年のミズナラ巨木など多彩な見どころをガイドの案内で歩いてみよう。所要時間約2〜2.5時間のコース。

■所在地:標津郡標津町字伊茶仁2784
■TEL:0153-82-3674
■開園期間:4月29日〜11月23日 ※開園期間中無休
■開園時間:9:00〜17:00(入園は〜16:30)
■料金:「縄文フットパスツアー 夏編」参加料1人2,000円(入園料込、税込)
※10日前までに要予約、定員1〜14名、
入園料 一般320円、高・大学生100円(各税込)、中学生以下無料
■駐車場:50台
■URL:http://www.shibetsutown.jp/pogawa/index.htm
■根室中標津空港から車で約40分/26km

肌で感じる夏の道東

シャチ、クジラ、イルカ 夏の羅臼沖は海の生き物の楽園に

春夏の羅臼といえば、クジラの海。流氷が去った後に大発生するプランクトンで、海は濃い緑色に変化する。濃密なプランクトンやたくさんの魚を求めて、シャチやマッコウクジラ、イシイルカをはじめとするたくさんのクジラ類が狭い海峡に集結する。
4月下旬〜7月上旬頃まではシャチの群れやミンククジラ、その後は10月頃までマッコウクジラがよく見られる。シーズン中はイシイルカとの遭遇率も高い。ほかにもツチクジラなど、多くの海の野生動物や海鳥が見られる。

ゴジラ岩観光 知床半島「ラウス」クジラ・イルカ・バードウォッチングクルーズ  知床ネイチャークルーズ「クジラ・イルカ・バードウォッチング」 別海町観光船 川北温泉 忠類川(ちゅうるいかわ)でサーモンフィッシング!!

●各施設データ等に掲載の、根室中標津空港からの車での走行時間は、夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。
※年末年始やお盆期間の営業日・営業時間については、各施設にお問い合わせください。

  • ゴジラ岩観光
    「ラウス」クジラ・イルカ・バードウォッチングクルーズ

    知床半島「ラウス」クジラ・イルカ・バードウォッチングクルーズ

    ■TEL:0153-85-7575
    ■期間・時間:夏期5月〜9月末頃9:00〜、13:00〜(8月12日(水)〜16日(日)は3便体制、所要時間約2時間30分)※最少催行人数5名〜
    ■料金:大人8,000円、小学生4,000円、幼児無料(各税込)※前日までに要予約(当日空きがあれば乗船可能)
    ■URL:http://kamuiwakka.jp/whale/

  • 知床ネイチャークルーズ
    「クジラ・イルカ・バードウォッチング」

    知知床ネイチャークルーズ「クジラ・イルカ・バードウォッチング」

    ■TEL:0153-87-4001
    ■期間・時間:夏期5月〜10月上旬9:00〜、13:00〜(GW、夏休み期間は3便体制のため要問合せ)※最少催行人数5名〜
    ■料金:大人8,000円、小人(3歳〜小学生)4,000円、幼児無料(各税込)※前日までに要予約(当日空きがあれば乗船可能)
    ■URL:http://www.e-shiretoko.com/

■いずれも羅臼漁港(目梨郡羅臼町船見町)発着、
流氷がなくなり次第終了
■根室中標津空港から車で約75分/66km

ネイチャーウォッチングイメージ

ネイチャーウォッチングイメージ

ネイチャーウォッチングイメージ

ネイチャーウォッチングイメージ

クルーズ中、シャチなどが船にじゃれつくように近づいてくることもある。ほか、クジラやイルカのジャンプなど、決定的瞬間が目前に!

「海と生きるまちで楽しめる 迫力のネイチャーウォッチング

羅臼では、そんな海の生き物たちを観察するための、小型船によるネイチャークルーズが盛ん。クジラのブロー(潮吹き)やブリーチング(ジャンプ)など、迫力の光景が間近に見られる。クジラ観察は天候に左右されやすい。そのため、羅臼に最低1泊して波の条件の良い時に乗船するという余裕を持ったプランがおすすめだ。また、クルーズごとにクジラ類の活動、見え方が大きく変わるので、2回以上クルーズを体験するという旅の達人も多い。
なお、夏でも冷たい風が吹く羅臼の海上、軽めのダウンや防水ジャケットの着用がおすすめ。冷えた体には、漁師御用達の多彩な温泉もある。
神秘的で雄大な自然と、漁業、観光がともに生きるまち、羅臼。ネイチャーウォッチングや公共温泉利用の際は、自然の保全とマナーなどの配慮も忘れずに。

熊の湯イメージ

冷えた体にうれしい無料の公共温泉。管理してくれている有志に感謝の気持ちを持って利用したい。
●羅臼川のほとりにある「熊の湯」は地元漁師に人気。通年利用可だが、5:00〜7:00は清掃のため入浴不可。
[問]羅臼町役場水産商工観光課 TEL 0153-87-2126

足湯・魚の城下町 本町らうす丸イメージ

●ウニ舟を浴槽にした「足湯・魚の城下町 本町らうす丸」。お湯は「熊の湯」と同じで、6月〜9月9:00〜18:00利用可。
[問]知床羅臼町観光協会
TEL 0153-87-3330

こちらもおススメ

別海町観光船写真

別海町観光船写真

ころんと寝転ぶアザラシの姿が愛らしい。7月15日(水)までは、期日限定で潮干狩りクルーズも実施。いずれのクルーズも事前予約の上、出発20分前までの乗船手続きが必要。

別海町観光船

水鳥の生息地として国際的に重要な湿地が登録される「ラムサール条約」登録湿地である日本最大の砂の半島・野付半島と野付湾。また、地殻変動によりトドマツの立ち枯れ風景が見られるトドワラ、夏と秋に北海シマエビ漁のために出漁する白い帆が特徴的な「打瀬舟」など、自然、文化の景観が楽しめる野付湾周辺。その野付湾や外海をクルーズで楽しめるのが「別海町観光船」だ。6月頃からは、船上から野生のアザラシの姿を見ることもできる。8月13日(木)〜17日(月)にかけては、期間限定で「アザラシウォッチング周遊コース」も実施(上陸なし、所要時間約50分)。

■所在地:野付郡別海町尾岱沼港町232-5
■TEL:0153-86-2533
■営業期間・時間:4月下旬〜10月7:30〜17:00
■料金:トドワラコース往復 大人2,480円、小学生1,240円、小学生未満無料
※ただし、2015年6月末頃まで整備のためトドワラ上陸は不可
アザラシウォッチング周遊コース 8月13日(木)〜17日(月)時間は日によって異なる/ 大人1,000円、小学生500円、小学生未満無料(各税込)※要予約
■駐車場:10台
■URL:http://www.aurens.or.jp/~kankousen/
■根室中標津空港から車で約40分/33.6km

川北温泉写真

川北温泉写真

乳白色の湯は、名湯と名高い。11月〜5月頃まで雪があり、温泉までの道が通じていないので注意。

川北温泉

標津の山林のなかにひっそりとある露天風呂。地元有志の手で守られたきた、雪のない期間のみ、無料で利用できる温泉だ。乳白色の湯は、含ホウ酸・食塩硫化水素泉で、神経痛等に効果があるとされている。源泉は59.6℃と高めだが、温度調整も可能。ワイルドな野天温泉ながら、脱衣所、休憩所、トイレも整備されている。ただし、周辺はクマの出没地域で、夜間は照明もないため、事前情報を確認の上、日中、複数人で訪れるのがおすすめ。夏期は、町内の「海の公園 オートキャンプ場」でのキャンプも楽しめるので、温泉とセットで標津の自然を感じてみては。

■所在地:標津郡標津町川北
■TEL:0153-82-2131(標津町商工観光課)

海の公園 オートキャンプ場(4月29日〜10月31日) TEL 0153-82-2265
■開園期間:4月29日〜10月31日 ※開園期間中無休
■駐車場:あり
■根室中標津空港から車で約45分/30km

忠類川(ちゅうるいかわ)でサーモンフィッシング!!写真

忠類川(ちゅうるいかわ)でサーモンフィッシング!!写真

釣り人垂涎のビッグファイトが楽しめる。

忠類川(ちゅうるいかわ)でサーモンフィッシング!!

知床半島基部を流れる原始の川である忠類川。また、サーモンフィッシングが国内で最初に許可された川でもある。鮭が忠類川を遡上するこの期間、ほかではなかなか味わえない強烈なファイトを求めて、全国から多くのファンが集まる。参加は釣り期間ごとの事前申込み制。釣り具の有料貸出もある。また、今年も登録制サケ釣り大会「忠類川シーズンダービー2015」を実施するほか、9月6日(日)には初心者向けフィッシングスクールも開催。詳細はHPでチェック!

■会場:忠類川(標津郡標津町字忠類)
■TEL: 0153-82-2341(忠類川事務局/土・日曜、祝日休)
■開催期間:2015年8月8日(土)〜11月3日(火・祝)
※毎週木曜は休止日。ただし、9月24日(木)は実施日。
8月8日〜9月15日 5:30〜17:00
9月16日〜10月15日 6:00〜16:30
10月16日〜11月3日 7:00〜15:30
[申込期間]
6月1日〜7月25日(釣り期間:8月8日〜11月3日)
7月26日〜8月20日(釣り期間:9月1日〜11月3日)
8月21日〜9月5日(釣り期間:9月12日〜11月3日)
9月6日〜9月20日(釣り期間:10月1日〜11月3日)
9月21日〜10月3日(釣り期間:10月10日〜11月3日)
■料金:1日利用券4,000円(高校生以下500円)、1日券ファミリー(親2名、高校生以下の子ども2名まで)5,000円、1日券カップル(男女ペア1組)6,000円 ※各税込。
ほか、3回利用券、シーズン利用券、午後利用券あり
■駐車場:約70台
■URL:http://www.salmon.jp/
■根室中標津空港から車で約40分/32km

  • 2015-2016冬春号
  • 2014-2015冬春号
  • 2014年夏秋号
  • 2013年冬春号
  • 2013年夏秋号

TOPページへ戻る

ページトップへ戻る