ANA

国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

国内旅行  >  行き先から探す  >  北海道旅行  >  ANA×きらめく函館  >  道南の食卓  >  2014春号  >  五稜郭の魅力
道南の食卓

五稜郭の魅力

幕末の函館を物語る、季節の表情も美しい「地上の星」

江戸末期に建造され、箱館戦争の舞台にもなった五稜郭。現在は国の特別史跡に指定され、公園として開放されています。ここでは、四季折々の表情、その歴史など、「五稜郭」の魅力をご紹介します。

※掲載の料金等は、2014年3月初旬現在の情報です。4月以降、変更となる場合がありますので、ご利用の際は各店舗等にご確認ください。

桜の花が、すぐ目の前に

戊辰戦争最後の戦いとして知られる箱館戦争の舞台になった特別史跡・五稜郭跡。土方歳三をはじめとする旧幕府軍に占領されたこの地も、今では桜の名所として名高い美しい公園に整備された。桜は1914(大正3)年に函館毎日新聞社が発行から1万号に達したことを記念し、植樹したのが始まり。毎年4月下旬から5月上旬にかけて約1,600本ものソメイヨシノが咲き誇り、訪れた人の目を楽しませてくれる。五稜郭の桜の魅力は、手が届くくらいの高さで桜を楽しむことができること。五稜郭を一周して地上からの花見を満喫したあとは、高さ90mある「五稜郭タワー展望台」に上ってみよう。堀の周辺を縁取るように咲き誇る美しい星形の全容と、その中央には桜に囲まれた「箱館奉行所」の姿も確認できる。 また、今年は五稜郭築造150年にあたり、春からさまざまなイベントも予定されている。

五稜郭 画像
五稜郭COLUMN
「五稜郭築造150年祭」開催

1864年、蝦夷地の政治や外交、防衛の要として造られた五稜郭。それから150年を経た今年、「五稜郭築造150年祭」が開催される。期間中、土・日曜、祝日を中心に、五稜郭に幕末の衣装を着た「五稜郭おもてなし隊」が郭内に登場。一緒に記念撮影や道案内をしてくれる「幕末見廻隊」や、箱館戦争の戦闘シーンを再現する「箱館戦争抜刀隊」が出現する。また、「函館リトファスゾイレ」と題した展示も五稜郭、西部地区等にあらわれるなど、市内各所で関連イベントが予定されている。

  • ●五稜郭おもてなし隊
    [幕末見廻隊]
    4月26日(土)〜10月19日(日)の土・日曜、祝日の10:00〜15:00 ※箱館五稜郭祭開催日(5月17、18日)を除く
    [箱館戦争抜刀隊]
    4月26日(土)〜10月19日(日)の18日間11:00〜、14:00〜
  • ●函館リトファスゾイレ
    4月26日(土)〜11月3日(月・祝)予定
  • ■五稜郭築造150年祭 公式ホームページ
    http://goryokaku150.com/

激動の歴史を語る箱館奉行所で、その歴史と美しい建築設計に触れる

かつて蝦夷地における政治の中心的役割を果たしていた江戸幕府の役所「箱館奉行所」。1868(明治元)年、箱館戦争の舞台となり、1871(明治4)年には解体されてしまうが、その歴史的意義や価値を後世に伝えるため2010年に復元された。館内は72畳の大広間など可能な限り忠実に再現された「再現ゾーン」、五稜郭や箱館戦争の歴史を紹介する「歴史発見ゾーン」、4年間に渡る復元工事の様子を紹介する「映像シアター」、復元のために使用した貴重な資料や発掘物などを展示している「建築復元ゾーン」に分かれており、ルートに沿って見学することができる。忠実に再現された建物の細部にまで目を光らせて歩いてみると、いろいろな発見があっておもしろい。

箱館奉行所 画像

江戸時代創建当時の古写真を基に4年の年月をかけて忠実に再建。奉行所の前に1本だけ咲く紅梅の木も古写真どおりに植樹されたもの。

京都の職人などの手によって、銅板を型にあてて1枚1枚タガネで打ち出して形を作った「釘隠し」。館内には部屋の格に合わせて3種類の釘隠しが取り付けられている。

壹之間から四之間まで合わせて72畳の広さがある大広間。青森ヒバを用いた柱やケヤキ一枚板の違い棚など、木造建築の美しさに圧倒される。

かつて奉行所正面にあった板庫を復元したお休み処。奉行所があった当時の豆を再現した「箱館奉行所コーヒー」などのドリンクやソフトクリームが味わえるほか、奉行所オリジナルのお土産も販売。

「歴史発見ゾーン」の最初の部屋は、45畳ある御役所調役の執務室だった部屋。天井の一部を開放しているので、天井裏の巨大な梁材や小屋組を見ることもできる。

箱館奉行所・箱館戦争に関わった25人の人物伝を紹介するおもしろい展示物。テーブルの中央に見たい人物のコマを乗せると、モニターにその人物のことを紹介する画面が映し出される。

箱館奉行所
  • ■住所:函館市五稜郭町44-3
  • ■TEL:0138-51-2864
  • ■開館時間:9:00〜18:00(11〜3月は〜17:00)、最終受付は15分前
  • ■定休日:12月31日
  • ■料金:500円
  • ■駐車場:近隣の有料駐車場を利用
  • ■URL:http://www.hakodate-bugyosho.jp
五稜郭タワー
  • ■住所:函館市五稜郭町43-9
  • ■TEL:0138-51-4785
  • ■開館時間:8:00〜19:00
    (10月21日〜4月20日は9:00〜18:00)
  • ■定休日:なし
  • ■展望料金:大人840円
  • ■駐車場:近隣の有料駐車場を利用
  • ■URL:http://www.goryokaku-tower.co.jp/
道南の食卓 トップページへ戻る

ページトップへ戻る