ANA

国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

国内旅行  >  行き先から探す  >  北海道旅行  >  ANA×きらめく函館  >  道南の食卓  >  2014春号  >  足をのばして道南めぐり
道南の食卓

足をのばして道南めぐり

自然美術館と称される美しい町で山海の豊かな恵みを味わう

函館から車で約90分。噴火湾(太平洋)と日本海に挟まれた八雲町は、日本で唯一、2つの海に面した町。噴火湾からは朝日を、日本海では海に沈む夕日が楽しめ、情趣に富んだ風景を満喫することができる。また、「北海道酪農発祥の地」でもある八雲町は酪農が盛んな街としても有名。国道5号とほぼ並行に走る農道は別名ミルクロードと呼ばれ、左右にかわいらしい看板を掲げた農場が続いている。海や山、牛がのんびりと草を食む牧場など、自然あふれる八雲町はどこを切り取っても絵になる街。まるで美術館のような街並みを散策しながら、魚種も豊かな海の幸や手作りの乳製品など、八雲ならではの恵みを思う存分味わって。

八雲町おすすめモデルコース例

8:30 函館発 → 10:00 「服部醸造」→ 11:00 「八雲チーズ工房」→ 12:00「八雲温泉 おぼこ荘」→ 13:30「ハーベスター・八雲」→ 15:00「八雲町情報交流物産館 丘の駅」

■函館市街地から八雲町市街地までのアクセス

[クルマで]国道5号(大沼国道・函館新道)を大沼方面へ。大沼公園ICから道央自動車道経由で八雲ICへ、八雲ICから国道227号経由で八雲市街地へ。函館市街地より八雲市街地まで約90分
[公共交通機関で]函館駅から特急で八雲駅まで約60分
※所要時間は夏期・好天時の目安です。道路状況等により変動しますのでご了承ください。。

※掲載の料金等は、2014年3月初旬現在の情報です。4月以降、変更となる場合がありますので、ご利用の際は各店舗等にご確認ください。

伝統ある味噌や醤油をお土産に

「マルハチみそ」の名前で道南ではおなじみ。祖先は名古屋尾張藩の服部家に仕えており、明治維新の際に北海道開拓の使命を受け、八雲の地に移住して開墾に従事。昭和2年の味噌醤油醸造の創業時には、徳川家所有の商標を下賜され、現在に引き継がれている。伝統ある味噌や醤油のほか、料理人・脇屋友詞氏のプロデュース「脇屋シェフのにんにく醤油」(200ml・840円)も人気。本社工場では直販対応のほか、事前予約で工場見学も可能。大豆や米、塩など、すべて八雲産の原料にこだわって作った新商品「オール八雲みそ」(100g×2袋)525円は、「八雲町情報交流物産館 丘の駅」で限定販売。

服部醸造 画像
服部醸造 画像
服部醸造
  • 住所:二海郡八雲町東雲町27
  • TEL:0137-62-2108
  • 営業時間:8:00〜17:00
  • 定休日:土・日曜、祝日
  • 駐車場:あり
  • http://www.maru-8.net/

豊かな緑に囲まれてできるやさしい味わいのチーズ

八雲チーズ工房
  • 住所:二海郡八雲町上八雲461-6
  • TEL:0137-62-4653
  • 営業時間:10:00〜17:00
    (不在の場合もあるので要事前確認)
  • 定休日:不定
  • 駐車場:7台
  • http://www.geocities.jp/yakumocheese/

自然豊かな雑木林の中に建つ小さなチーズ工房。「ノルウェーに行ってチーズに出合ってからすっかりハマッてしまった」という高橋オーナーが作るチーズは、搾りたての牛乳そのものの味が楽しめるやさしい味わい。とろけるタイプの「カマンベール遊楽部」(140g)1,080円をはじめ、「ミルクボール(モッツァレラ)」や「カチョカバロ・ヤクモ」など、味もスタイルもバラエティに富んだチーズが揃う。見学等はできないが、工房での直販は可。

八雲チーズ工房 画像
八雲チーズ工房 画像

川辺に面した大露天風呂で格別の湯浴みを愉しむ

八雲の市街地から日本海側に国道277号を約19km、雄鉾岳(おぼこだけ)の麓にある温泉宿泊施設。泉質は2種類あり、大浴場は「美人の湯」として名高いやわらかい湯、大露天風呂は鉄分の多い黄土色の湯が楽しめる。オススメは川のせせらぎを聞きながらゆったりできる大露天風呂。野趣あふれる雰囲気の中、日頃の疲れを癒すことができる。「名古屋コーチンの雑炊」1,200円が味わえるレストランもある。

八雲温泉 おぼこ荘 画像
八雲温泉 おぼこ荘 画像
八雲温泉 おぼこ荘
  • 住所:二海郡八雲町鉛川622
  • TEL:0137-63-3123
  • 営業時間:日帰り温泉は11:00〜21:00
    (12月〜3月は〜20:00)
  • 定休日:不定
  • 料金:日帰り入浴450円
    (2014年4月1日からは500円)
  • 駐車場:35台
  • http://www.h-ffs.com/oboko/

噴火湾の大パノラマを眺めながら本格ピッツァを味わう

ハーベスター・八雲
  • 住所:二海郡八雲町浜松365
  • TEL:0137-64-3113
  • 営業時間:11:00〜18:00
    (土・日曜、祝日は10:30〜19:00)、
    7〜8月は10:30〜19:00
    (土・日曜、祝日は10:00〜19:00)、
    11〜3月は11:00〜17:00
    (土・日曜、祝日は11:00〜19:00)
  • 定休日:12月〜2月の月曜
  • 駐車場:80台
  • http://harvester-yakumo.com/

道央自動車道の八雲PAから徒歩すぐ、噴火湾を見下ろす丘の上に建つレストラン。店内はセルフサービスで、約500度の高温で焼き上げた石窯本格ピッツァが人気。この時期のオススメは、噴火湾で水揚げされたホタテや地元で採れた軟白ネギをトッピングした「海のピッツァ」1,420円。国産ハーブ鶏の「フライドチキン」1ピース238円や、「グリルドチキン」1ピース231円も見逃せない。ほとんどのメニューがテイクアウト可なので、ドライブ途中に気軽に立ち寄ることができる。

ハーベスター・八雲
ハーベスター・八雲

八雲のいいもの、うまいものが揃うアンテナショップ

道立公園噴火湾パノラマパーク内にある物産館が、建物を新たにし2014年1月にプレオープン。熊石の海洋深層水で作った塩を用いた「塩キャラメルプリン」262円や元山牧場の「牛乳(90ml)」100円などの地元特産品を買えるほか、八雲町や近隣市町村の観光情報なども発信。気軽にドライブ情報を手に入れることができる。4月19日(土)には、さらにアイテム数を増やしグランドオープンする予定というから楽しみ。

八雲町情報交流物産館 丘の駅 画像
八雲町情報交流物産館 丘の駅 画像
八雲町情報交流物産館 丘の駅
  • 住所:二海郡八雲町浜松368-8 道立公園噴火湾パノラマパーク内
  • TEL:0137-65-6100
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休)
  • 駐車場:150台
  • http://www.yakumo-okanoeki.com/
道南の食卓 トップページへ戻る

ページトップへ戻る