ANA

国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

国内旅行  >  行き先から探す  >  北海道旅行  >  ANA×きらめく函館  >  道南の食卓  >  2015夏号  >  森の有機カボチャ「くりりん」
道南の食卓

森の有機カボチャ「くりりん」

こだわりの栽培方法を知って
味見する前に、使おうと決めてました

「一般的な農家さんなら、芽が出てからのことを気にすると思うのですが、明井(みよい)さんは土の中の話しかしないんです。微生物のことなど、話す内容が科学的なことばかりで、土に対するこだわりが凄いんですよ」と、教えてくれたのは、七飯(ななえ)町大沼でカフェレストランを営む「ターブル・ドゥ・リバージュ」のオーナー・林 賢三さん。今から4年ほど前に「おもしろい栽培方法をしている農園があるから」と、知人に誘われ、軽い気持ちで畑を見に行ったことがきっかけだったという。
「みよい農園」があるのは自然豊かな森町にある駒ヶ岳の麓。この一帯は火山灰土壌なので水はけがよく、昼夜の温度差があるため作物の栽培にはとても適しているのだそう。明井さんは「日本一のカボチャを作ろう」と、昭和52年から有機栽培に取り組んできた。しかしそこには想像を超える苦労があった。農作物は病気に弱く、虫にも悩まされた。そんなとき、あるテレビ番組で「生命の源は海だった」というフレーズを聞き、「カボチャにも海のものを与えるといいのでは」と思い立つ。町の特産品であるホタテの貝殻を堆肥として用い、脱塩した八雲の海洋深層水を利用したところ、劇的に畑が変わり、カボチャがすくすくと育つようになったという。さらに、そのカボチャを「高温キュアリング室」で5日間熟成させることによって、より糖度が上がり、甘いカボチャとなる。

「ターブル・ドゥ・リバージュ」 オーナー 林 賢三さん

今年の収穫期は8月〜9月ごろ。「みよい農園」では食感を生かした加工用商品「黄金かぼちゃのマッシュ」や天ぷら加工用の「かぼちゃスライス」の2品を新商品としてリリースする予定。

スイーツやスープで味わうもっちりとした食感と濃厚な甘み

「ターブル・ドゥ・リバージュ」では「みよい農園」で加工されたカボチャのペーストを利用して、スイーツやスープ作りをしている。「素材に力があるので、ほんのひと手間を加えるだけでいいんです。だからとても調理しやすいのがいいですね。また、どのメニューを作る際にも砂糖は少なめというのがポイントです」と、シェフの岩澤加奈さん。「くりりんかぼちゃのチーズケーキ」は、口に入れた瞬間「これぞカボチャ」と言わんばかりに、カボチャの甘みが広がるが、最後にチーズの酸味がほどよく口の中に残り、絶妙なバランス。「明井さんから『美味しい』と褒めてもらったときは、とても嬉しかったですね」とオーナーの林さん。コース料理のデザートとして提供されるプリンやランチセットの付け合わせとして提供されるスープなど、「くりりん」を使ったメニューは、8月後半から10月末ごろまで楽しめる。ぜひ、その濃厚な甘みを味わいに、でかけてみよう。

「くりりんかぼちゃのチーズケーキ」500円、ドリンクとのセットで800円(各税込)。 調理イメージ 「くりりんかぼちゃのチーズケーキ」500円、ドリンクとのセットで800円(各税込)。 「くりりんかぼちゃのプリン」/「くりりんかぼちゃのスープ」 「くりりんかぼちゃのプリン」はコース料理のデザートとして、「くりりんかぼちゃのスープ」はランチセットの一品として提供。

店舗紹介

大沼の自然を楽しみながらスローフードを

大沼湖畔に建つカフェレストラン。四季折々の美しい景色を眺めながらゆったりと食事やカフェタイムが楽しめる。料理やデザートは、地元の新鮮な野菜や果物などを使い、素材本来の味を生かして作られたものばかり。ランチには、「ワンプレートランチ」1,350円や2種類のランチセット1,650〜2,000円があるほか、「大沼牛ローストビーフ」などアラカルトも用意。5月〜11月には移動式テラスの湖上クルーズ(2名〜、要予約)1,500〜2,600円も楽しめる(各税込)。

ターブル・ドゥ・リバージュ

亀田郡七飯町大沼141

■TEL 0138-67-3003
■営業時間 11:00〜ラストオーダー19:00
■定休日 火曜(祝日の場合は営業)
■駐車場 10台

店舗紹介

みなみ北海道の特産品が揃うアンテナショップ

「みよい農園」のカボチャペーストをはじめ、函館を中心としたみなみ北海道の、その土地で生まれ育った選りすぐりの特産品が揃う。「商品を通して地域のことも知ってほしい」という思いから、昔から愛されてきたものや歴史のあるものなど、地域の風土とリンクした商品もセレクトしている。2015年8月末(予定)まで、期間限定で函館空港2Fのショッピングエリアの一角に「Foodkan ねばねば本舗」のコーナーも登場。

Foodkan ねばねば本舗(フードカン ねばねばほんぽ)

函館市若松町19-3

■TEL 0138-27-4777
■営業時間 10:00〜18:00
■定休日 第2水曜
■駐車場 2台

その他の夏の食材をみる

  • 知内の「マコガレイ」
  • 奥尻産ウニの「雲丹ほんのひと塩」
道南の食卓 トップページへ戻る

ページトップへ戻る