ANA

国内旅行(ツアー)の予約ならANA SKY WEB TOUR

国内旅行  >  行き先から探す  >  北海道旅行  >  ANA×きらめく函館  >  道南の食卓  >  2013冬号  >  五稜郭の魅力
道南の食卓

五稜郭の魅力

幕末の函館を物語る、季節の表情も美しい「地上の星」

江戸末期に建造され、箱館戦争の舞台にもなった五稜郭。現在は国の特別史跡に指定され、公園として開放されています。ここでは、四季折々の表情、その歴史など、「五稜郭」の魅力をご紹介します。

雪化粧をした五稜郭の星形をタワー展望台から一望

五稜郭公園に隣接する高さ107mの五稜郭タワー。地上90mと86mの2階建てになっている展望室からは、美しい星形をした五稜郭の全景を確認することができる。
まずはエレベーターで一気に展望室へ。エレベーターの扉が開くと同時に星形の全容が目に飛び込んできて、その美しさに誰もが歓声をあげてしまうほど。季節に応じて表情を変える五稜郭だが、冬は辺りの木々の葉が落ちるので、普段は見えない城郭のエッジが際立って見えるのが特徴。景色ではなく、史跡として見るには冬がオススメだという。冬の夜限定でライトアップもするので、暗闇に浮かび上がる星形を鑑賞できるのも魅力。また、展望室は360度ガラス張りだから、函館市内の景色を眺めることも。函館山や津軽海峡、横津岳など、どの方向からも迫力満点の眺望が楽しめる。

五稜郭 画像

公園を見晴らす五稜郭タワー。1〜2Fフロアは無料で利用できるので、食事や休憩スポットとしても。

五稜郭COLUMN
地上に星が舞い降りる「五稜星の夢」

五稜郭の堀の周囲約1.8kmを約2,000個のイルミネーションで包み込み、星形を浮かび上がらせるイベント。昨年は節電のためにお休みしたが、市民からの要望も高く、今年晴れて復活することになった。タワーから眺めたあとは、夜のお散歩も楽しんで!

  • 期間:2013年12月1日(日)〜2014年2月28日(金)
  • 時間:17:00〜21:00
五稜郭COLUMNイメージ画像

歴史探訪に休憩、お土産探しに! タワー内には施設が充実

五稜郭は箱館戦争の舞台ともなったことでも知られる。展望2Fには、五稜郭の誕生のきっかけとなったペリー艦隊来航から箱館戦争の終焉までを分かりやすく展示する「五稜郭歴史回廊」があり、楽しく歴史を学ぶことができる。1Fには、観光途中の休憩スポットに最適なアトリウム、五稜郭のオリジナルグッズを販売する土産店、2Fには老舗洋食店で有名な五島軒のカレー専門店や和食店があるので、グルメも堪能することができる。展望室からの眺望を楽しんだあとは、充実した施設内も巡り、五稜郭観光を楽しんで。

五稜郭歴史回廊 画像

年表や絵図面で構成されたグラフィック展示の周りには、精巧に再現したフィギュアのメモリアルポールが並んでいる。

ジェラートショップがある2Fの休憩スポットの奥にレストランが並んでいる。

展望1Fにあるシースルーフロア。下が透けて見える強化ガラスの床は、スリル満点。

緑あふれる1Fアトリウム。長刀を腰に差し、右手に乗馬鞭を持った土方像もここに立っている。

土産ショップでは、五稜郭タワーの公式キャラクター「GO太くん」のオリジナルグッズも販売。

五稜郭タワー
  • ■住所:函館市五稜郭町43-9
  • ■TEL:0138-51-4785
  • ■開館時間:8:00〜19:00
    (10/21〜2014/4/20は9:00〜18:00)
  • ■定休日:なし
  • ■展望料金:大人840円
  • ■駐車場:近隣の有料駐車場を利用
  • ■URL:http://www.goryokaku-tower.co.jp/
道南の食卓 トップページへ戻る

ページトップへ戻る