>English

運航情報

【期間:2019年8月1日~8月31日】
国内線
<欠航便(国内)>
日付 便名 機種 出発地 目的地 不具合内容
8/1 1671 DHC8-400 伊丹 福岡 夜間点検中、油圧系統の圧力が高まらない不具合が確認された。修復に時間を要するため欠航した。
8/2 689 B737-800 羽田 広島 出発エンジンスタート後、客室アナウンス用のスピーカーに不具合が発生した。修復に時間を要するため欠航した。
8/3 355 DHC8-400 中部 鹿児島 離陸滑走中、主脚ブレーキの不具合を示す警告灯が点灯した。修復に時間を要するため欠航した。
8/3 688 A321 広島 羽田 前便到着後、主脚ブレーキの冷却ファンカバーの取付ネジ欠落を発見した。部品入手と修復に時間を要するため欠航した。
8/6 16 B777-200 伊丹 羽田 出発前点検中、高揚力装置付近から作動油の漏えいが確認された。修復に時間を要するため欠航した。
8/11 1761 B737-500 那覇 石垣 出発前点検中、水平尾翼の作動に関する不具合が発見された。修復に時間を要するため欠航した。
8/13 438 B737-700 福岡 中部 前便到着時、左側エンジンの制御に関わる不具合を示す警告灯が点灯した。部品入手と修復に時間を要するため欠航した。
8/14 1864 B767-300 那覇 仙台 前便巡航中、操縦室左側の窓からの異音が確認された。修復に時間を要するため欠航した。
8/16 296 B737-800 鳥取 羽田 前便巡航中、エンジン駆動による油圧ポンプの吐出量の低下を示す警告灯が点灯した。修復に時間を要するため欠航した。
8/24 4871 DHC8-400 新千歳 釧路 前便離陸上昇中、左主脚格納扉の作動不良による警告灯が点灯した。修復に時間を要するため欠航した。
8/25 432 B737-700 福岡 中部 夜間作業中、主翼上部に取りつく可動板の不具合が確認された。部品入手と修復に時間を要するため欠航した。
8/26 4885 DHC8-400 新千歳 中標津 夜間作業中、補助動力装置が始動せずバッテリー電圧も低いことが確認された。修復に時間を要するため欠航した。
8/26 367 DHC8-400 中部 仙台 前便離陸上昇中、右主脚格納扉の作動不良による警告灯が点灯した。修復に時間を要するため欠航した。
8/27 341 DHC8-400 中部 宮崎 夜間点検中、右主脚格納扉の作動不良が確認された。修復に時間を要するため欠航した。
8/27 452 B737-800 佐賀 羽田 前便到着後、油圧ポンプシステムから作動油の漏えいが確認された。部品入手と修復に時間を要するため欠航した。
8/28 258 B787-8 福岡 羽田 出発エンジンスタート後、油圧ポンプのモーター電源制御機器の不具合が発生した。修復に時間を要するため欠航した。
8/29 552 DHC8-400 鹿児島 伊丹 誘導路自走中、ステアリングハンドルに振動と異音が発生した。修復に時間を要するため欠航した。
8/31 493 B737-500 成田 名古屋 前便巡航中、両エンジンの振動を示す表示に不具合が発生した。部品入手と修復に時間を要するため欠航した。
<引き返し(国内)>
日付 便名 機種 出発 到着 不具合内容
8/6 1651 DHC8-400 伊丹 秋田 離陸上昇中、方向舵が中立状態に維持できない不具合が発生した。継続飛行が困難であると判断し、伊丹空港に引き返した。関連部品の不具合が確認されたため当該部品を交換し修復した。
<目的地空港以外への着陸(国内)>
日付 便名 機種 出発地 目的地 不具合内容
8/29 1263 B737-800 静岡 沖縄 離陸上昇中、高揚力装置に関する不具合を示す警告灯が点灯した。継続飛行が困難であると判断し、また静岡空港が悪天候の為、中部空港に目的地を変更して着陸した。関連部品の不具合が確認されたため当該部品を交換し修復した。
国際線
<欠航便(国際)>
日付 便名 機種 出発 到着 不具合内容
8/30 11 B777-300 シカゴ 成田 前便到着後、オイル補給時にオイル漏れが確認された。オイル漏れ箇所の特定と修復に時間を要するため欠航した。
<目的地空港以外への着陸(国際)>
日付 便名 機種 出発 到着 不具合内容
8/12 173 B777-300 ヒューストン 成田 巡航中、右側エンジンのオーバーヒートを示すメッセージが表示された。継続飛行が困難であると判断し、シアトル空港に目的地を変更して着陸した。関連部品の不具合による誤表示であった事が確認されたため、当該部品を交換し修復した。
8/26 112 B777-300 羽田 シカゴ 離陸上昇中、左側エンジンから機内与圧用の高温高圧空気が抽出されていない状態のメッセージが表示された。継続飛行が困難であると判断し、成田空港に目的地を変更して着陸した。関連部品の誤作動が確認されたため当該部品を交換し修復した。


戻る